限定10台の希少価値、BMW640特別仕様車は本物志向のパーツを装備【PR】

320馬力を発生する3.0リッター・ストレート6(直列6気筒)ツインパワー・ターボエンジンを積むBMWの流麗なクーペに、全国限定10台というレアな特別仕様車の登場です。

「BMW 640i クーペM Performance Edition」は、名前からもわかるように、BMW のハイパフォーマンス・モデルを手掛けるBMW M 社が開発した「M Sport パッケージ」を装備したスポーティクーペのスペシャルモデルです。 

640performanceedition

●BMW 640i クーペM Performance Edition特設ページ
http://www.bmw.co.jp/jp/ja/newvehicles/640i/mperformanceedition/index.html

さらに特別装備として、20 インチの「M ライト・アロイ・ホイール・Vスポーク・スタイリング464M」ホイールが足元を飾っています。

640performanceedition0007

内外装に、BMW M Performanceの「カーボン・ミラー・カバー」や「ブラック・キドニー・グリル」、「カーボン・セレクター・レバー・グリップ・カバー」に「ステンレス・スチール・ペダル・セット」といった素材にもこだわったアイテムをプラスすることで、6シリーズの風格にふさわしい本物志向かつレーシーなムードに仕立てます。

640performanceedition0006

640performanceedition0010

「ソフト・クローズ・ドア」や「アンビエント・ライト」などを含む「プラス・パッケージ」や「電動ガラス・サンルーフ」、「アダプティブLEDヘッドライト」を標準装備とすることで、このサイズのクーペにふさわしいラグジュアリー性も高めている点も見逃せません。

640performanceedition0004

640performanceedition0009

ボディカラーは、BMWモータースポーツのテーマカラーでもある「アルピン・ホワイトⅢ」一色の設定。「ブラック・キドニー・グリル」のコントラストも鮮やかです。

メーカー希望小売価格は1097万9000円。ラグジュアリーなプレミアムスポーツクーペとしては、非常に魅力的なプライスとなっています。

■ BMW 640i クーペM Performance Edition特別専用装備

BMW M Performance ブラック・キドニー・グリル
BMW M Performance カーボン・ミラー・カバー
BMW M Performance カーボン・セレクター・レバー・グリップ・カバー
BMW M Performance ステンレス・スチール・ペダル・セット

M Sport パッケージ:
- M エアロダイナミクス・パッケージ(フロント・エプロン、サイド・スカート、リヤ・スカート)
- BMW Individual ハイグロス・シャドー・ライン・エクステリア
 (ブラック・サイド・ウィンドー・フレーム・モールディング〔光沢仕上げ〕)
- マルチファンクション M スポーツ・レザー・ステアリング・ホイール(シフト・パドル付)
- ブレーキ・キャリパー(ブラック・ペイント)
- デュアル・エキゾースト・テールパイプ(ダーク・クローム仕上げ)
- スポーツ・シート(運転席&助手席)
- BMW Individualアンソラジット・ルーフ・ライニング
- ドア・シル・プレート(Mロゴ付、クローム仕上げ)
- M エクステリア・バッジ(サイド)

20インチ M ライト・アロイ・ホイール・Vスポーク・スタイリング464M(リキッド・ブラック)
 (フロント) 8.5J×20ホイール、245/35R20タイヤ/(リヤ) 9J×20ホイール、275/30R20タイヤ
 〔ランフラット・タイヤ〕 ※スノーチェーン装着不可

アダプティブLEDヘッドライト
(LEDハイ/ロービーム、LEDフロント・ターン・インジケータ、LEDスモール・ライト・リング、LEDアクセント・ライン、LEDコーナリング・ライト、LEDフロント・サイド・マーカー。光軸自動調整機構付)

ダコタ・レザー・シート
グレー・ポプラ・ウッド・インテリア・トリム

 プラス・パッケージ:
 - ソフト・クローズ・ドア
 - コンフォート・アクセス
 - アンビエント・ライト(ドア・トリム、ドア・ポケット、センター・コンソール内、 ドア・シル・プレート、ドア・ハンドル照明、ドア・ハンドル・クローム・インサート)

電動ガラス・サンルーフ(チルト、コンフォート・オープン/クローズ機能付)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。