【新車】2.0Lターボとエアサスペンション仕様の「BMW 630i Gran Turismo」が追加設定

BMWの「6シリーズ グランツーリスモ」は、6シリーズをハッチバック化させた大型GTモデル。

「BMWらしいスタイリッシュでエレガントなデザインと、ロングドライブでも快適に過ごせる高い機能性を兼ね備えたモデル」というコンセプトを掲げ、ニッチなモデルでありながら、通常のセダンやワゴンでは飽き足らない層にアピール。

8月3日、6シリーズ グランツーリスモのラインアップに「BMW 630i Gran Turismo」が追加されました。直列4気筒のツインパワー・ターボエンジンと、リヤにエアサスペンションを搭載することで、スポーティな走りと快適な乗り心地を実現しました。

搭載される2.0L直列4気筒ガソリンエンジンは効果的にアルミニウムを採用。熱力学的特性に基づいてデザインされた最新のBMWツインパワー・ターボ技術を投入。

これに、高精度ダイレクトインジェクションシステム、無段階可変バルブ制御システムのバルブトロニック、可変カムシャフト制御システムである「ダブルVANOS」が搭載され、190kW(258ps)/400Nmというスペックを得ています。0-100km/h加速性能は6.3秒。

装備、デザイン面ではスポーティな「M Sport」に加え、「Luxury」モデルが新たにラインアップされています。クローム加飾されたキドニーグリルやクロームウィンドウモールディング、丸型エキゾーストパイプにより洗練されたムードを演出。さらに、運転をサポートするヘッドアップディスプレイが6シリーズ グランツーリスモに全車に標準装備されています。

価格は「BMW 630i Gran Turismo Luxury」が8,680,000円、「BMW 630i Gran Turismo M Sport」が8,980,000円、「BMW 640i xDrive Gran Turismo M Sport」が11,160,000円です。

(塚田勝弘)

【関連記事】

【BMW・6シリーズ グランツーリスモ試乗】

従来のヒエラルキーに属さない個性的なスタイルと高い居住性、実用性が特徴
https://clicccar.com/2018/08/14/617804/

マイルドな乗り味とボディサイズを忘れさせる豪快な加速が美点
https://clicccar.com/2018/08/14/617899/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事