新型ステップワゴンのVTECターボをライバルと比較!

※初出時、スペック表の数字に誤りがありましたので、訂正いたします。

上開きのテールゲートに横開きのサブドアを内蔵するという、独自の「わくわくゲート」が話題の新型ステップワゴン。その注目点はユーティリティだけではありません。

いかにもホンダらしい、エンジンにも注目です。

4150423-stepwgn_020H

なんと、全車に新開発の1.5リッター・ガソリン直噴ターボエンジン「VTEC TURBO」を搭載しているのです。

ハイブリッドで先行していたイメージの強いホンダが、ついにダウンサイジング過給エンジンを生み出したというわけです。

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。