新型インプレッサの上質な乗り心地はスバルでベストか!?

昨年11月末にマイナーチェンジを受けたスバル・インプレッサ。こちらでもご紹介したようにエクステリアをよりアグレッシブなデザインに変更し、インパネには金属調加飾やピアノブラック調パネルを積極的に盛り込んでいるほか、中央に3.5インチカラーのディスプレイを搭載するなど、ほかのスバル車と共通するHMI(Human Machine Interface/ヒューマン・マシン・インターフェイス)となっているのも特徴。

IMPREZA_03

今回のマイナーチェンジでは、アイサイトをバージョン3にアップデートしているほか、2.0Lのエンジンのフリクション低減などにより燃費を向上し、さらにSI-DRIVEを搭載しています。

IMPREZA_05

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。