新型インプレッサの上質な乗り心地はスバルでベストか!?

今回のスバルの試乗会では、レガシィ・アウトバック/B4やWRX/S4、フォレスター、インプレッサなど軽自動車をのぞく最新モデルが揃っていましたが、試乗会となる西湘バイパスや箱根ターンパイクなどのステージに限っていえば、シャーシとボディ、エンジンのバランスがよく、バネ下が軽くて足がよく動く感じのインプレッサの乗り心地がベストかも!? と思えたほど。

車両価格で250万円までで手頃なサイズのハッチバック、もしくはセダンを考えているならインプレッサ・スポーツやインプレッサG4も選択肢に入れたいところです。

■ビッグマイナーチェンジを受けたインプレッサの5つのポイント

https://clicccar.com/2014/11/25/279403/

■ほぼカタログモデルの特別仕様車「インプレッサ SPORT 2.0i EyeSight Active Style」

https://clicccar.com/2014/11/25/279418/

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。