4代目ロードスターはマツダ・ロータリースポーツの呼び水となるか

スポーツカー向けプラットフォーム、現在の環境性能を満たすRE。その2つがあれば、マツダのロータリースポーツは復活できます。

P1J03552s

ロードスターが4代目となったことで、マツダには後輪駆動の、スポーツカーを前提としたプラットフォームが生き残ることになりました。

かつて東京モーターショーにおいて次世代ロータリーエンジンとして、従来とはまったく異なるローター形状の新エンジンが展示されたこともありました。

またレンジエクステンダー用としてですが、新しいシングルローターエンジンもカタチになっています。

まずは、4代目ロードスターによって「スポーツカー向けプラットフォーム」があることが確認できました。あとは、新世代REがあれば……と期待は膨らみます。

もちろん実現のためには、市場からの熱い声も必要です。大いにエールを送りましょう。

■関連記事

マツダ・ロードスター、25年の「成長」と「ダイエット」の歴史
https://clicccar.com/2015/02/09/291329/

マツダ・ロードスターは人生を楽しむためのクルマ
https://clicccar.com/2015/02/04/291678/

マツダが2017年に「ロータリー」エンジンを復活させる!?
https://clicccar.com/2014/10/30/275371/

マツダ電気自動車の走行距離を「ロータリーエンジン」で2倍に!【デミオEVレンジエクステンダー試乗】
https://clicccar.com/2013/12/31/241386/

【今日は何の日?】ハッピーバースディ、ロータリーエンジン! 5月30日はマツダREの誕生日!!
https://clicccar.com/2012/05/30/159739/

(山本晋也)