メルセデス・ベンツ日本、FCV導入でトヨタに対抗か?

FCVやHV、PHV、EVなど、各種パワートレーンの開発に取り組んでいるダイムラー。

B_Class_F-CELL

日経新聞によると、昨年12月にトヨタ自動車が先陣を切ってFCV「MIRAI」を発売したことを受け、メルセデス・ベンツ日本の上野社長が22日 、同社の新車発表会の場で「近い将来、燃料電池車を国内で発売する」と明かしたそうです。

メルセデスブランドを擁するダイムラーは、遡ること2003年のフランクフルトモーターショーで、初代Aクラスに燃料電池を搭載したFCV、メルセデスベンツ「Aクラス F-CELL」(航続距離 160km)を出展。

2009年の同ショーではBクラスをベースにしたFCV「Bクラス F-CELL」(航続距離 400km)を出展しています。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事