100台限定の5速MT搭載車「FIAT Panda MT」が登場

「走り良し、パッケージング良し」でコンパクトカー作りの手練れぶりを発揮しているのがフィアット・パンダ。先日、「4WD+6MT」仕様が発売されましたが、今回はベースモデルのFFモデルにMTが追加されました。

FIAT_panda_01

フィアットといえば、FIAT500を思い浮かべる人が最近は多いと思われますが、背を高くしつつアップライトに座らせる前後シートと、思いのほか粘っこく路面を捉える足まわり、音・振動など2気筒のネガティブなイメージよりも「よく走るじゃん!」とポジティブに捉えたくなる「ツインエアエンジン」など、ツッコミどころもありますが、玄人好みの良作に仕上がっているのがフィアット・パンダ。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。