貴重なコンパクトセダンの日産ラティオがマイナーチェンジ

NISSAN_LATIO_01

まず、エクステリアでは、フロントバンパー、フロントグリル、ヘッドランプ、フード、リヤバンパーの形状を変更し、よりシャープでダイナミックな印象を感じさせるデザインにしたことで全体的に若々しい雰囲気が伝わってきます。

NISSAN_LATIO_02

インテリアではステアリング、センタークラスター、助手席側のインストルメントパネルの形状変更に加え、シートクロスも変更し、全体の質感をアップ。

NISSAN_LATIO_07 NISSAN_LATIO_09 NISSAN_LATIO_08

さらに、最上級グレードの「G」に、センタークラスターフィニッシャーとエアコンパネルを深みのあるピアノブラック調加飾を加えることで、上質感を演出しているのも注目です。

グレード体系も見直され、エントリーグレードの「B」を「S」グレードと統合し、「X」・「G」とあわせて3グレードに変更。

ボディカラーはホワイトパールとバーニングレッドの2色を廃止し、ブリリアントホワイトパール(3コートパール)、ラディアントレッド(パールメタリック)、ディープアイリスグレー(パールメタリック)の3色を新たに追加。従来よりも1色多い全7色展開になっています。

エンジンは1.2Lの直列4気筒DOHCのみで、CVTとの組み合わせで、駆動方式も2WDのみ。価格はエントリー仕様の「S」が146万160円、「X」が155万4120円、「G」が178万9560円です。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。