北米でスバル・アイサイトがひと足早くバージョンアップ?

スバルのプリクラッシュセーフティシステム『アイサイト(EyeSight)』といえば、日本では「ぶつからない」、「自動ブレーキ」の代名詞的存在となっています。

1989年から開発がはじまったという、スバル独自のステレオカメラを使ったこのシステム。日本では2008年に登場、2010年には『ver.2』へとバージョンアップ、そして2014年に誕生したニューモデル「レヴォーグ」からはカメラの性能を大幅にアップさせ、ステアリングのレーンキーピングアシストもなども加わった『ver.3』へと進化しています。

e_042814_CAM_A_21490_v2

日本で先行して搭載されていた「アイサイト」ですが、いまやスバルのキーデバイスとしてグローバル展開を進めているところ。北米向けモデルでも、レガシィ、アウトバック、フォレスターに搭載されています。

そして、ついに北米でのエントリーモデルであるインプレッサにも、2015年モデルからアイサイトが搭載されることになりました。

しかも、日本のインプレッサでは、まだ『ver.2』のアイサイトにもかかわらず、北米では広角・望遠のカラーステレオカメラを使った『ver.3』を搭載するというのです。

ちなみに、北米ではアイサイトにはバージョン表示はなく、シンプルに『EyeSight』と呼ばれています。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事