【おさらい試乗】スバル・レガシィB4は北米市場を重視した大らかな乗り味が魅力

●さすがフラッグシップモデルと思わず唸る熟成度のレガシィB4

2019年2月7日に開幕したシカゴモーターショーにて、新型レガシィ(日本名レガシィB4)が発表されました。現行モデルも2014年のシカゴモーターショーで発表されており、5年振りにニューモデルのお披露目です。

新型が発表されたのを機に、現行型レガシィB4の「おさらい試乗」を行いました。

試乗したのは上級グレードのレガシィB4 リミテッドで、車両本体価格は324万円です。2014年10月に登場した6代目レガシィのボディタイプはセダンのB4とクロスーバーSUVのアウトバックの2種類となりました。

ボディサイズは先代より大型化され、スバルのフラッグシップモデルらしい全幅1840mmという堂々としたボディサイズとなっています。エンジンも2.5L水平対向自然吸気エンジンのみとなり、より北米市場を意識したモデルとなりました。

2014年に登場したレガシィB4は2015年、2016年に安全装備の機能を充実させる一部改良を行っています。そして、2017年9月には大幅改良を行い、内外装の変更と同時に、運転支援システム「アイサイト」に後退時自動ブレーキシステムを追加するなど安全性能の向上。そしてサスペンションのチューニングやエンジン制御の最適化を行い、乗り心地や燃費性能、静粛性の向上を図りました。

そして、2018年9月10日に一部改良を行い、運転支援システム「アイサイト」のプリクラッシュブレーキ制御を改良し、衝突回避の可能性を向上させています。今回試乗したのはこの一部改良後のモデルで、熟成の進んだ現行型レガシィB4なのです。

『SUBARU』の最新記事

SUBARUが2019年度上半期の業績を発表。国内生産・販売が減少した背景は?
【新車】スバルのフラッグシップ、新型レガシィ&アウトバックの生産がスタート
歓喜の瞬間を皆で共有できるSUBARUのパブリックビューイングとは?【STI NBR チャレンジ2019】
ニュルブルクリンク24時間レースに挑むSTI。2.0L以下でのクラス優勝を目指す
【新車】SUBARUフォレスターが一部改良。「リヤシートリマインダー」、新色「マグネタイトグレー・メタリック」を用意
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事