スズキ・エスクードに特別仕様車「ランドブリーズ」誕生

全長4300mm、全幅1810mm、全高1695mmという立派なボディに、2.4リッター4気筒エンジンを縦置きしたフルタイム4WDパワートレインを積む、クロスカントリービークル「スズキ・エスクード」に特別装備「ランドブリーズ」の登場です。

escude_im0000002998

ベースとなる標準車は225/65-17サイズのタイヤですが、特別仕様車ランドブリーズは225/60-18とインチアップ。またLEDリングイルミネーション付きフォグランプや電動サンルーフなど装備を充実させています。

インテリアでは、シャンパンゴールドを各部にプラスしたゴージャスなものとなり、撥水機能のほか快適性に優れたクオーレモジュレを採用したフロントシートなど機能性にも配慮されています。

メーカー希望小売価格は、2,422,440円(消費税8%込)。標準車は5MTと4ATをラインナップしますが、特別仕様車ランドブリーズは4ATだけとなっています。

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。