日産デイズ・ルークスの特徴を活かした助手席スライドアップシート

「アンシャンテ 助手席スライドアップシート」は、広くて快適なキャビンはもちろん、余裕のあるドアの開口高により、長身の方でも頭上を気にせず安心して乗り降りができるのが特徴です。

さらに、折りたたんだ車いすを荷室だけではなく、両側のスライドドアから後席の足元スペースなどにも搭載することができる点というメリットもあります。

広い室内と両側スライドドア、そして小回りが利くボディサイズは、狭い住宅街などに住む方に最適な福祉車両といえるでしょう。

DAYZ_ROOX_02駆動方式は2WDと4WDを設定するほか、上の写真の「アシストグリップ付車乗降グリップ」も設定し、こちらは2WDのみとなっています。

価格帯は、「アンシャンテ 助手席スライドアップシート」が178万2000円〜218万9160円。「アシストグリップ付車乗降グリップ」が129万7080円〜166万2120円。なお、「アンシャンテ 助手席スライドアップシート」のNAエンジン搭載車は、ベース車と同様、自動車取得税及び自動車重量税が「免税」になります。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。