ロードスター25周年記念車が25台限定のワケは?

1989年に登場したロードスターは、今年は25周年の節目を迎えます。

NC_25th_Roadster_04

そして、現行型NCロードスターは来年フルモデルチェンジと言われています。

その記念すべき年の、NC型最後の特別な記念車は、日本でわずか25台の限定販売となっています。

世界で1000台生産され、販売される25周年記念車としては、祖国である日本の割り当てが少な過ぎなんじゃないか?と誰もが思うところです。

NC_25th_Roadster_10

その点について山本修弘主査は、特別な思い入れを込めた特別な記念車なので、手間隙をかけて作られる25周年記念車なので、25にもこだわりたかったといいます。

そのこだわりの部分は、ボディカラーはアテンザなどに採用されるソウルレッド。実は、魂動デザイン以外にこのカラーは用いないのが通例なんですが、今回特別に25周年を記念して採用されたそうです。しかし、この塗装はロードスターが生産される宇品工場では塗ることができません。そこで、Aピラーをブラックに塗って、手作業でマスキング作業をし、台車に乗せて防府工場へ運ばれるとか。ヘッドライトベゼルもブラック調で特別なものです。

NC_25th_Roadster_13 NC_25th_Roadster_12

エンジンは、10周年記念車と同じような手法を使い、ピストン、コンロッド、フライホイールを生産されたものの中から、公差の範囲内の軽いものを選び出し、それだけを25周年記念車に組付けられるそうです。結果、バランスにすぐれ、吹け上がりもよく、10周年記念車では長持ちしている、といいます。

NC_25th_Roadster_20 NC_25th_Roadster_21

内装はホワイトのレザーを基本として、シートサイドにブラック、ステッチには赤い糸を用いられます。

なお、トランクにアンテナがあるのはアメリカ仕様なためで、国内向けは装着されません。

NC_25th_Roadster_22 NC_25th_Roadster_11

この超稀少な25周年記念車は、5月27日午後8時から、専用サイト(http://www.roadster.mazda.co.jp/25th/)にて商談予約をしてから販売となります。

即完売必至のロードスター、欲しいかたは、27日の7時台からPCの前で待機して下さい

(小林和久)