3Lクラスのパワーを積んだ「ホンダe」。航続距離はシティコミューターとして必要十分な283km

■バエる可愛い見た目は女子人気も高そう?

●シティコミューターとして街中を走るホンダeの姿がすでに想像できる!

2020年中に発売予定のホンダeを事前チェックしてきました。

HONDA e
話題のEVシティコミューター、ホンダeをチェック!

ホンダeはバッテリーをフロア中央に配置し、駆動用モーターをリヤにセットしたRWD(後2輪駆動)方式のEVです。パワーコントロールユニットはフロントに横置き搭載しており、給電はボンネット前方にあるリッドを開けて行います。

給電
給電位置はココ!
バッテリー搭載位置モデル
ホンダeのバッテリーはこのように搭載されています。

モーターの出力は113kw、最大トルクは315Nmという強力なもの。これは内燃機関でいえば3Lエンジンくらいに相当する力強いものです。

航続距離はJC08モードで308km、WLTCモードでは283kmとなっています。長くはありませんが、これは主に街中でのコミューターとして使うことを想定しているためです。

ホンダeの外観
ちっちゃくてとにかく可愛いホンダe。

急速充電では30分で約80%まで容量復活しますので、近所限定で使う人ではほとんど問題ない航続距離だと言えます。

フロントタイヤの切れ角
フロントタイヤの切れ角はこんなにある!

なおRWD方式を採用したことでフロントタイヤの切れ角は大きくなっており、最大で50度まで角度をつけることが可能。これによって最小回転半径は4.3mととても小さくなっています。

前後席の表皮はグレーを基調にした大変肌触りがよく、ナチュラルなテイストのもの。座り心地も良好です。

ラゲッジ
このくらいのサイズであれば、必要十分なラゲッジスペース。

ラゲッジに関してはフィットほどの広大さを獲得はできていません。が、コンパクトカーとして必要十分なサイズを確保しています。

ホンダeのコクピット
ホンダeのコクピットはこんな感じ。未来的です。

インパネ周りは大変独創的です。大小様々な5枚もの液晶モニターが横一列に並んでいるんです。

左右の端にセットされている2枚のモニターは、ドアにセットされたカメラの映像を表示するサイドカメラミラーシステムです。このカメラは170万画素の性能を持っていますので大変精密な表示ができます。

ドライバー正面にあるのはフル液晶による一般的なメーターです。助手席正面の2枚の大型12.3インチモニターは、横に細長い大型スマホやタブレットのような感覚で表示や操作をすることができます。

たとえば右の画面にはナビを出して左にはオーディオを表示、助手席の方が音源を自在に操作するといった使い方もできます。またこの左右の表示は簡単に入れ替えも可能です。

モニター
横一列に並ぶ、大小様々な5枚もの液晶モニター。

さらに「OKホンダ」と声をかければホンダパーソナルアシスタントと呼ばれる、クラウドAIによる音声認識&情報提供を行うシステムが起動します。このパーソナルアシスタントに対してナビの目的地やエアコンの温度設定などの操作をしてもらうことが可能です。

スイッチ類
プッシュボタン式のスイッチ類。

左右シートの間にはプッシュボタン式のドライブセレクト機構や電動パーキングブレーキのスイッチなどが並びます。

その中に見慣れない靴マークのものがあります。これはシングルペダルコントロールのためのスイッチ。オンにしておけばアクセルペダル一つで発進・加速から減速・停車までを行うことが可能です。ちなみに減速力の強弱はステアリングのパドルでコントロールも可能です。

スマホで操作
スマホで様々な操作出来ちゃいます。

ホンダeはスマホで車両本体のさまざまな操作も可能です。乗り込む前にエアコンの電源を入れておくことや、給電リッドのオープンをすることができます。また、物理キーを持たずとも車両のロックを解除したり、パワーユニットの始動から走行までもができるのでした。

ホンダeの顔
ホンダeの顔は、とにかく可愛い!
ホンダeのお尻
おしりも可愛いホンダe。

ホンダらしいシンプルでセンスある外装デザインも特徴的なホンダe、発売が今から楽しみですね。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『ホンダ』の最新記事
ホンダ・レジェンド
ホンダ・レジェンドの「レベル3」走行時は、ナビやスマホの操作、DVDを視聴していても捕まらない!?
ホンダ・レジェンド
ホンダ・レジェンドの世界初「自動運転レベル3」は、なぜ「渋滞運転機能」なのか?
ホンダ エスユーブイ イープロトタイプ
新型ヴェゼルのEV版!? ホンダが「Honda SUV e:prototype」を世界初公開

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事