マツダSKYACTIVの生産台数が100万台突破

マツダは、同社の基幹テクノロジーとして、パワートレイン、ボディ、サスペンションなどを統合した「SKYACTIV技術」を全面的に採用した「マツダ CX-5」、「マツダ アテンザ」、「マツダ アクセラ」のグローバル生産台数が2014年3月末までに100万台を突破(合計104万台)したことを発表しました。2011年11月にCX-5を生産開始して以来、約2年4か月での到達です。

なお、2014年3月末の時点でSKYACTIV技術を搭載した上記3車種は、日本、メキシコ、タイ、中国で生産、100以上の国と地域で販売しているということです。

mazda_skyactiv_million006

●SKYACTIVテクノロジー搭載車・生産の歴史
2011年11月 本社工場にてCX-5の生産開始
2012年8月 防府工場にてアテンザの生産開始
2013年6月 防府工場にてアクセラの生産開始
2013年7月 中国にてCX-5の生産開始
2014年1月 メキシコにてアクセラの生産開始
2014ネ1月 中国にてアテンザの生産開始
2014年3月 タイにてアクセラの生産開始
2014年4月 中国にてアクセラの生産開始

 mazda_skyactiv_million002

■関連記事
CX-5に追加された「SKYACTIV2.5」がもたらしたのは?【新型マツダCX-5試乗】
https://clicccar.com/2013/11/27/238098/

新型アクセラは6MTも充実、なんと8種類のパワートレーンから選べます!
https://clicccar.com/2013/12/04/239162/ 

新型アクセラの悩みどころ!? ハイブリッドかディーゼルを選ぶか?
https://clicccar.com/2013/11/11/235554/ 

新型アクセラ・ハイブリッドはプリウスとどう違う?
https://clicccar.com/2013/11/10/235319/

(山本晋也)