ブラックがキーワードのプリウスアルファ特別仕様車が登場

プリウス・ファミリーのミニバン「プリウスα」に、特別仕様車「S“tune BLACK”」と「G“tune BLACK”」が登場しました。ネーミングの通り、ブラックをテーマにしたインテリアが与えられています。

black_prius_alpha001

エクステリアでは、特別設定された新色ブラッキッシュレッドマイカが特徴で、インテリアも専用のブラック仕立てとなっています。

そのインテリアでは、メッキ加飾インサイドドアハンドル、 ダークシルバー加飾(ドアスイッチベース、シフトノブ&ベゼル、コンソールスイッチプレート、ヒーターコントロールノブ&ベゼル、ステアリングクラスター)といった特別仕様が、アクセントとなっています。また、ステアリングはSが本革巻き、Gはダークブラウンステッチ付き本革巻き仕様。シートはSがファブリック、Gはファブリック×合成皮革となります。

エクステリアにおいても、 クローム調アルミホイールキャップや メッキ加飾アウトサイドドアハンドルといったシルバー系の加飾がプラスされています。

メーカー希望小売価格は253万円~304万円とベース車に対して3~4万円高。いずれのグレードも5人乗り/7人乗りが用意されています。

あわせて、プリウスアルファ全車を一部改良。特別仕様車を含む5人乗り全車両に、インストルメントパネルとラゲージスペースにAC100V電源を1500Wまで使用可能とするアクセサリーコンセントをオプション設定しています。

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。