これがボルボなの!? ボルボS60のツーリングカーレース仕様がムチャクチャかっこいい!【動画】

2013年5月4日に開幕したスウェーデンのツーリングカーレース「STCC」。

BMW、シトロエン、ホンダ、ダチア、サーブなどがエントリしているこの選手権にはスウェーデンを代表するメーカーであるボルボもポーラスター・レーシングというしっかりした体制で参加しています。

車重はわずか1t、400馬力級のリヤ駆動マシンで競われるSTCC、開幕では、それぞれ20周のレース1、レース2が行なわれ、レース1ではBMW SRが、レース2においてはボルボS60が勝利を掴んだとのことです。

2013stcc_volvo_11

STCC開幕戦をレポートした動画では、冒頭に登場するお揃いのトランスポーターからして体制の確かさを感じさせるもの。カーボンカウルをまとったシルエットフォーミュラ的な成り立ちにより、市販車よりアグレッシブな姿に生まれ変わったレーシングS60のフォルムに釘付けになることうけあいです。

●主要スペック
エンジン:3500cc 6気筒 
駆動方式:RWD
最高出力:420馬力
変速機:パドルシフト付き6速シーケンシャル
タイヤサイズ:前260/660-18  後280/660-18
全長:4700mm
全幅:1970mm
全高:1205mm

2013stcc_volvo_12

2013stcc_volvo_10

 2013stcc_volvo_13

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。