手だけで運転できるスバルBRZが登場【国際福祉機器展2012】

日常生活に使われる介護福祉用品から、最新の福祉車両まで、世界の介護、福祉用品を一同に集めた国際福祉機器展2012が、9月26〜28日まで東京ビッグサイトで開催されました。
自動車メーカー各社も福祉車両の数々を展示。各ブースではミニバンやハイト軽ワゴンを中心とした展示が多い中、スバルのブースでは会場内で唯一となるスポーツカー、BRZの福祉車両を展示していました。

こちらのBRZは下肢に障がいのある方でも両手だけで運転できる手動運転装置が取り付けられており、誰でも楽しめるスポーツカーとして出展されていました。

手動運転装置は日本初の手動運転装置を開発したフジオート製で、最もオーソドックスなフロアタイプ FC-B型と呼ばれるタイプが装着されていました。

こちらの装置は押すとブレーキ、引くとアクセルと言った操作方法で、コントロールレバーに装着されるグリップには、 引いた状態でブレーキを保持できるブレーキロックスイッチと、ウィンカー、ホーンボタンが設置されていました。

実際に操作した感触は重すぎず、軽すぎず適度な力加減で操作出来る上、停車中に左手で操作しなければならないサイドブレーキやエアコン、オーディオ類の操作が必要な場合でも、ブレーキロックスイッチを押す事でブレーキを保持してくれるため、安心して左手での操作が行えます。
操作感については、コントローラーの取り付け位置を変更する事で、重くしたり軽くしたりする事も可能だそうです。 

このスイッチ類は、オーダーメイドで別のスイッチに変更したり、追加する事も可能だそうです。

右手のみで操作をするステアリングにはSG-12型と呼ばれるステアリンググリップが装備され、右手のみでも確実にステアリング操作を行う事が出来ます。

コチラのグリップはBRZの純正ステアリング同様、ディンプル加工の施された革仕様の物が装着されていました。

 また、BRZは登場時からサーキットで使用するためにタイヤを4本載せる事が可能ですが、その積載性は車いすを搭載する事も可能であり、後部座席やトランクに車いすが入る事も実証されています。

展示されていたBRZに装着されていた運転補助装置は24万円で、オーダーされる方に合わせ、スイッチ類の変更やステアリンググリップの形状も変更できるそうです。

すべての人にBRZの楽しさを感じて欲しいと言うスバルの想いと、運転を楽しみたいという障がいを持つの方の想いが一つになった運転補助装置付きのBRZこそ、本当に誰もが運転を楽しめるスポーツカーと言えそうです。

(井元 貴幸)

【写真ギャラリーをご覧になりたい方は】 https://clicccar.com/2012/09/28/199865

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事