おすすめ記事一覧

スズキ・スイフトレンジエクステンダーの航続可能距離は驚きの1115キロ!【EVEX2012】

2012/09/25 19:30 by   テクノロジー, コンセプト・プロトタイプ, 環境・エコ

レンジエクステンダーEVというクルマをご存知ですか?

普通の電気自動車はコンセントを使って電力をバッテリーに蓄えて、モーターを動かして走りますが、バッテリーの電力がなくなると走行を継続することができなくなり、EVスタンドで充電しないといけません。

レンジエクステンダーEVは発電専用の小型のエンジンを搭載し、自ら充電しながら走行することが可能なEVで、シボレー・ボルトやアウディA1 e-tron等が代表的。日本でも数年前からスズキがスイフトをベースとしたレンジエクステンダーEVの公道実験が繰り返されており、今回のEVEX2012でも公開展示がされていました。

スイフト レンジエクステンダーはプラグインにて200Vで1時間、100Vで1.5時間で充電を完了させ、航続距離は15キロとなっており、それ以上の距離を走る場合は発電用エンジンで発電しながら走行します。

発電用エンジンには先代ワゴンR等に搭載されていたK6A型660ccエンジンを搭載。

プラグイン充電と走行充電を合わせた場合のプラグインハイブリッド燃費はJC08モードで、37.6km/L、プラグイン充電なしのハイブリッド燃費でも25.6km/Lをマークします。

スイフトレンジエクステンダーは、燃料タンクにベース車両のタンクをそのまま使う事で43Lを確保し、理論上はEV走行と合わせて1115キロの航続距離を誇ります。

レンジエクステンダーのメリットは、何と言っても充電スタンド等のインフラを心配する事無く長距離走行が可能な事です。またバッテリー容量を少なくする事で、コストダウンも実現します。
スズキでは来年度を目途に実用化も目指しているそうですが、販売価格は200万円を切る予定であると発表されています。

遠距離ドライブの際、ガソリンスタンドに比べ、まだまだ少ない充電スタンドを事前にチェックする必要が無く、価格を含めて気軽にEVライフを始められるクルマと言えそうです。

(井元 貴幸)



あなたにおすすめの記事