新型ノート登場を機に日産の「メダリスト」を振り返る

日産の新型コンパクトカーのワールドプレミアイベントが開催され、その新型モデルの名前が「ノート」となることが発表されました。

従来のノートに加え、ティーダのマーケットまでもカバーするという新型ノート、その上級グレードには『メダリスト』という名前がつけらるというアナウンスもありました。

オリンピックイヤーだからメダリスト? と思ってしまうかもしれませんが、日産の”メダリスト”といえば、1970年代から某車の上級グレードにつけられる名前として定番でした。

そのクルマとは、6気筒エンジンを中心とした展開をされていた『ローレル』。3代目ローレル(C230型)の途中で追加された”メダリスト”は、その後のローレルで上級グレードとして、最後のモデルまで使い続けられたネーミング。

その懐かしい名前が復活、ということになります。そこで、歴代のローレル”メダリスト”の懐かしい姿を画像で振り返りましょう。

▼C31型(1980年~1984年)

▼C32型(1984年~1988年)

▼C33型(1986年~1995年)

▼C34型(1993年~1997年)

いかがですか。どれも懐かしい! と思うのは昭和生まれの証拠かも(笑)

(山本晋也)