谷口信輝! レース車両! 痛車! 自衛隊! パトカー!が一緒に楽しめる学園祭の枠を超えた埼玉自動車学校のオートジャンボリー2012

埼玉県の上尾に程近いところにある埼玉自動車大学校で7月7~8日に開催されたオートジャンボリー2012。言ってしまえば学園祭なわけですが、とても学園祭の一言では片付けられないほど内容が濃い!

東京オートサロンでも在学生の製作したカスタムカーを出展して優秀賞を受賞するなど、授業の成果を発表する場が数多いことでも知られています。

特別講師も幅広い。モータースポーツ科ではなんと谷口信輝選手が特別講師。

昨年スーパーGT、スーパー耐久、シビックインターの三冠を制した谷口選手。

そのシビックインターに出場していたシビックType-Rをメンテナンスしていたのは、なんと埼玉自動車大学校の学生だったのです。

そんなわけで、その埼玉自動車大学校の学園祭ともいえるオートジャンボリー2012に行ってきました。

門をくぐって、学校本館の正面には学校所有のVitzカップカーとK4GPマシンが鎮座。

特別展示ではスーパーGTのGSR ProjectMirai BMWのレプリカ!2010年モデルのZ4 GT3の本物のカーボンフェンダーなどをノーマルのZ4に組み込んだStudie.AGのデモカーです。

そして、高崎くす子サトリア・ネオも展示。

この正面玄関を見ただけでも、期待が膨らみます。

グラウンドに足を運ぶと、多数の痛車乗りの協力によるデザインカー展示会。100台近くの痛車が集まっていました。

その中には在学生の作り上げた痛車も。ベースはBMWの750というところがなんとも豪勢。

屋内展示では、学校周辺の家族連れに大人気だった自衛隊車両。なんと3台も!

子供に大人気といえばパトカー。埼玉県警の協力ですから、よく噂にも登るFD3SのRX-7や、

あのインップレッサSTIのパトカーも展示。

正直な話、全部をじっくりと見て回ると1日では足りないほどのボリュームがあります。そんなわけで、個々の展示は別ページにして、後ほど紹介させていただきます。

(北森涼介)

【写真ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】https://clicccar.com/?p=175817

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。