VWが発表した空中浮遊するコンセプトカーとは ? 【北京モーターショー2012】

VWがユーザーから集めたアイデアをベースとしたコンセプトカー3台を、北京モーターショーで発表しました。

「People’s Car Project」の一環でウェブサイトにてユーザーからコンセプトカーのアイデアを募集、119,000通以上の応募が有った中から審査を経て選ばれた3つのアイデアをVWがバーチャルで具現化したもの。

その中の一つが電磁道路網に沿って空中を磁力で浮遊しながら移動する環境に優しい二人乗りのゼロ·エミッション車「ホバーカー」で、映像の如く滑らかに地上を滑走します。

YouTube Preview Image

知る人ぞ知る手塚治虫の60年代のアニメ「ワンダー・スリー」にそっくりな自立走行式一輪車が登場するのですが、正にそれが実現したような未来の乗り物。

ガソリンで動く自動車が発明されて100年以上が経過していますが、実際のところ、SF映画のように車輪を使わずに走る自動車は未だに登場していません。

でも、VWが表現した中国の街中を浮遊して走る「ホバーカー」の映像を見ると、こんな自動車が「いつかは実現するかも・・・」と思わせてくれます。

Avanti Yasunori

【写真ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】https://clicccar.com/?p=150134

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事