番場琢選手クラッシュ!オレンジの初音ミク痛車BMWが予選出走できず【スーパーGT2012】第2戦富士500km

5月3日、大雨の富士スピードウェイで行われているスーパーGT第2戦 富士500kmレースの公開練習で番場琢選手のドライブするゼッケン4番、GSR ProjectMirai BMWがダンロップコーナーでスピン!

そのままイン側のウォールに左正面から激突し、フロントを大破してしまいました。

番場選手は無傷でピットに戻り、身体に異常は無いそうです。

気になるマシンのダメージですが、片山右京監督によると徹夜で治せるレベルではないかとのこと。この記事を執筆の段階ではダメージの精査をしている段階、とのことです。

予選出場はなりませんでしたが、修復が出来る可能性があるということで嘆願書提出による決勝出走を検討しているということで、嘆願書提出となれば2009年以来となり、大橋逸夫総監督にとっては嘆願書デビューということにもなります。

ちなみに谷口/片岡組のゼッケン0、GSR 初音ミク BMWは予選Q1を難なく通過、スーパーラップに進出しました。

なお、写真はスーパーGT第1戦 岡山のものです。
写真撮影:松沼猛

(北森涼介)

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。