TOYOTA86の陰で消えていくスバルの軽の痛車【第4回館林痛車ミーティング】

このスバルサンバーは、発売と同時にほぼ完売したと言う希少な最終限定のブルー。

スバルのラリー車のシンボルカラーであったブルーを塗った限定車で、そのスバルらしいイメージと、生産終了のアナウンスによりサンバーのマニアが飛びついたモデルなのです。

工藤貴宏さんも書いていらっしゃいますが、このサンバーはもうまもなく、全ての生産を終了して、その生産ラインをTOYOTA86、スバルBRZに明け渡します。

オーナーさんは、かなり熱烈なスバリストだったのでしょう。この最終限定車はラリー車のイメージで作りこまれていることは明らかですが・・・

展示の際は必ず、この赤帽仕様の貴重なエンジンも公開します。このリアエンジンにこだわり続けたおかげでサンバーは軽自動車ワンボックスでは珍しい「名車」として賞賛されるのです。

スバルはこれを機に軽自動車の生産をやめてしまうので、当然ステラも生産終了です。

これら貴重なスバルの軽を皆さんも愛でてください。

ちなみにこれがTOYOTA86です。

(北森涼介)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事