広島の道の駅めぐり・その2【車中泊女子の全国縦断記】

道の駅『湖畔の里 福富』
道の駅『湖畔の里 福富』遊具公園

道の駅『湖畔の里 福富』
広島県東広島市福富町久芳1506
国道375 福富バイパス沿い

 

残念ながら、わたしが訪れた水曜日は定休日で物産館の中は確認できず。
平成20年9月20日オープン、同時期に新設された福富ダムを見下ろす位置にあり、近隣には福富パークゴルフ場、運動公園があります。
多目的広場、遊具公園、デイキャンプ場(有料)を併設。
ダム建設で削られたとはいえ周辺はまだ自然が残り、近くに住宅もお店もないので静かでした。
芝生(広場や公園)へのペットの立ち入りは禁止です。

 

道の駅『よがんす白竜』
道の駅『よがんす白竜』

道の駅『よがんす白竜』
広島県三原市大和町和木652-3
国道432沿い

 

道の駅自体は小さくて物産館も品揃えは少ないです。
ハトムギ製品が豊富で、個人的にはレストランにある『ハトムギソフトクリーム』がお茶の風味濃厚で好みです。
人工湖の白竜湖は、道の駅前はまだ川といった感じ。
川沿いはちょっとした芝生広場になっており、遊漁券を購入すれば釣りもできます。
湖向かいに総合スポーツ公園『白竜湖スポーツ村(白竜ドーム)』があり、ファミリーに人気です。

入浴は、道の駅から約2kmの『白竜湖リゾートセンター』で。
こちらは綺麗なホテルでお食事処も併設。温泉ではなく地下水を湧かしたお風呂です。
貸しタオル付き¥500、鍵ロッカーは¥100コインリターン、ドライヤー、化粧水、乳液、綿棒などアメニティ完備。
シャンプー/リンス/ボディソープが別れているのも女性には嬉しいところ。
大浴、サウナ、水風呂のみでシャワーも7口と、脱衣所も浴室も小さいですが清潔感があります。

 

竹原の町並み保存地区
竹原の町並み保存地区

道の駅『たけはら』
広島県竹原市本町1-1-1
国道185沿い

 

平成22年10月23日にオープン、真新しい建物は道の駅というよりも観光案内所とか、四角四面なイメージです。
物産館にはおなじみの農作物や地酒などが並んでいます。
『竹原』という地名が示す通り竹製品・竹細工が盛んで、春先にはタケノコがたくさん採れるそうです。

竹原には伝統的な造り酒屋が多く、今も数軒が残っています。
その竹原の町並み保存地区(都市景観100選)まで徒歩5分、全長2kmくらいでしょうか。
JR呉線『竹原駅』からでも1km以内という観光しやすい好立地。
毎年10月末には「憧憬の路」イベントを開催、幻想的な灯りに包まれます。

(松本しう周己)

【リンク切れ、画像がすべて見られない方は】https://clicccar.com/2011/10/14/70447

この記事の著者

松本しう周己

松本しう周己 近影
高校は美術科を卒業し、印刷会社のデザイン部に就職するも2年足らずで退職してフリーターに。主にコンサート・イベント関係で全国を駆け回る。その後、なぜかウェブデザインの道へ。仕事としてはクルマとの接点はまったくないが旅行好きでドライブ好き、20年前から道の駅などで車中泊していた。「ネットを通して仕事ができれば、どこにいても構わないのでは」と、2005年、ついにキャンピングカーを自宅兼仕事場としてしまった。根は機械オンチなため、日進月歩の日々。