マツダ本社倉庫から発見されたS8Pはレストア完了して広島市交通科学館に展示されています

先日お伝えした、ベルトーネ時代のジウジアーロから送られた初代マツダルーチェのロータリーエンジン搭載プロトタイプ“S8P”がいよいよ広島市交通科学館に展示されています。

こちらがその車両です。

ヘッドライト部分も、キレイにアクリルで補修され、メッキ部分も輝きを取り戻しています。

なんでも、ボディはホコリが食い込んだような状態で、それを安全カミソリのような刃で薄く表面をそぎ落とすという、気が遠くなるような作業が行われたそうです。

当時の最先端にカッコいいインパネもみずみずしく蘇りました。

そのS8Pをはじめ、広島市交通科学館では企画展示の名を「あこがれの国産車〜昭和40年代の名車たち〜」として、ヨタハチ(トヨタスポーツ800)、ハコスカ(PGC10スカイライン)、ホンダS600、マツダルーチェロータリークーペなども展示されています。

また、7月24日(日)には、マツダ(株)デザイン本部長 前田育男氏、元マツダ(株)デザイン本部長 福田成徳氏 ほかを呼んでのトークショーや、クイズラリーなども企画されているそうです。

夏休み、昭和のクルマが憧れだったお父さんは、お子さんをクルマ好きに洗脳するのにいかがでしょうか?

もちろん、自分の楽しみだけで行くのもアリですね。

あこがれの国産車展は、9月4日までやっています。

(小林和久)

【すべての画像が見られない人は>>>https://clicccar.com/44541