【日産・セレナ e-POWER試乗】エンジンオフでEV走行できる「マナーモード」は独特の清涼感!

これまでガソリンエンジンと「S-HYBRID」というマイルドハイブリッドのみだった日産セレナ。今回「e-POWER」が加わりました。

e-POWERの特徴はタイヤに伝わる動力源はモーターのみだというところ。そのモーターを動かすバッテリーへの充電をエンジンが担うというシステムなのです。

この機構は同社のノートに搭載してデビューしたもので、一般的にはシリーズハイブリッドと分類されます(ステップワゴン・ハイブリッドも大きなくくりでは同種です)。
今回、このシステムをセレナへ搭載するにあたってはエンジンとモーターの出力を大きくし、バッテリー容量も拡大しました。

またノートe-POWERにはない新規機能として「マナーモード」が用意されています。これはEVモードとも呼べるもの。選択している時にはエンジンは作動せず、バッテリーに蓄えたエネルギーのみでモーター走行するのです。これによって深夜・早朝の住宅街での移動時などを静かに=つまりマナーモードで走行できるというわけですね。

なお、このモードでの走行距離はバッテリー蓄電状況によって変化しますが、最大・約2.7kmです。さらに、蓄電を促すためのチャージモードという機能もあります。これを作動した状態ではエンジンを積極的に運転させ充電を行います。

つまり深夜・早朝の移動に備えて幹線道路等でチャージしておき、住宅街に入ったらモーターのみで走行するというかたちですね。

この記事の著者

ウナ丼

ウナ丼 近影
動画取材&編集、ライターをしています。車歴はシティ・ターボIIに始まり初代パンダ、ビートやキャトルに2CVなど。全部すげえ中古で大変な目に遭いました。現在はBMWの1シリーズ(F20)。知人からは無難と言われますが当人は「乗って楽しいのに壊れないなんて!」と感嘆の日々。『STRUT/エンスーCARガイド』という名前の書籍出版社代表もしています。最近の刊行はサンバーやジムニー、S660関連など。