激安! 三菱i-MiEVが128万円で買えます(ただしハワイ)

三菱自動車ノースアメリカとハワイ州が「電気自動車とその関連についての覚書」を交わしたとのこと。

 

北米仕様のアイ・ミーブは日本仕様とは異なるワイドボディの独自モデル。それでいて、日本でいうエコカー補助金を引いた価格は20490ドル(約164万円)と羨ましいくらいのリーズナブルさ。

さらにハワイ州と三菱自動車ノースアメリカのコミットメントによって、アイ・ミーブにはハワイ州独自に4500ドルの補助が出るとのことで、なんと車両価格は15990ドル(約128万円)と、まさに軽自動車らしい価格になるとのこと!

 

わお! これだけでハワイに移住したくなる?

 

なお、コミットメントの内容はアイ・ミーブへの補助というものだけでなく、電気自動車全般の普及について三菱自動車ノースアメリカが協力するという内容で、日本の急速充電企画であるCHAdeMO(チャデモ)も活用されるということ。

 

アイ・ミーブとCHAdeMO、日本初の電気自動車ソリューションが世界に拡がる第一歩となることを期待しましょう。

 

とはいえ北米仕様アイ・ミーブの廉価グレードは急速充電用に対応していなかったりするのが、またオモシロイところではありますが。

 

(山本晋也)

 

 

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。