痛ロード in FSW 痛車編その1「公式痛車はオリジナルキャラのダッジ・ラム」【震災チャリティー】

イベント公式痛車のダッジ・ラム
イベント公式痛車のダッジ・ラム

痛ロードというだけあって、まさに痛い車のイベントなのです。公式痛車はオリジナルキャラを施したダッジ・ラム。馬鹿でかいから目立ちまくり。

特別招待の痛車
特別招待の痛車

オーディオ系で賞を総なめにしているオデッセイや競技系の痛い車がステージ横で特別招待車として展示されていたりします。

デミオカップカー
デミオカップカー

今年の富士チャンピオンレースに出場するデミオも。

N0仕様のNBロードスター
N0仕様のNBロードスター

ここに紹介したマツダ車3台は明日5月3日にグランプリコースのスポーツ走行枠でデモンストレーション走行を行います。

このほかにも痛い車がいっぱい。できるだけ多くの痛車を紹介できるようがんばります。

(北森涼介)

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。