プロが勧める「LEDランタン」#jishin

「計画停電」いつまで続くのでしょうかね。数日間でしたらスーパーやコンビニで買った間に合わせの懐中電灯でも急場はしのげると思いますが、長期間にわたって停電が続くようであれば、安心して使える照明器具を買いそろえた方がイイと思います。

このタイミングでしたら、苛酷な環境でもしっかり使えて、ヘビーデューティなものがマストですよね。

そんなわけでアウトドア専門誌「GO OUT」の編集スタッフに何がいいのか聞いてみたところ、防災グッズ用のランタンだったらコレッ!という一押しだったのがこちらでした。

ジェントス<エクスプローラ プロフェッショナル>

こちらの商品は単一電池3本で点灯させるLEDランタンです。ホワイトガソリンを使うランタンに比べれば明るさは劣りますが、280ルーメンもありますので家の中では十分といえるでしょう。

LED電球を使っていますので、1回の電池交換でHigtモードで72時間、Lowモードでしたら144時間というロングライフの点灯が可能です。

底部は滑り止めのゴム引きがしてあって、安定感はバツグン、同じく底部にも折り畳み式のフックが付いていて、吊り下げて使用することもできます。

点灯していない状態でも、暗闇で置き場所が分かるように、「光るインジケーター」も装備しています。

プラスチッキーなんで値段相応の質感なんですが、あくまで実用本位っていうことで、ボク的には納得です。

ネット通販サイトで価格を調べてみると大体2500円前後ですかね、品薄にはなっているようです。

<スペック>

明るさ
280ルーメン
電池寿命
連続点灯約72時間(Highモード)
 
連続点灯約144時間(Lowモード)
 
連続点灯約240時間(点滅)
 
連続点灯約1年(本体認識表示灯)
使用光源
チップタイプ暖色LED×3灯
機能
点滅機能/防滴仕様
使用電池
単1型アルカリ電池×3本(別売)
本体サイズ
約Φ84×185mm
本体質量
約817g
付属品
ハンガーフック

おまけ

単一電池が無い!!!

 

撮影しようと思ったら単一電池の在庫が2つしか無くて、しょーがないので単三電池を改造して使いました。

単三電池に、A4の原稿の書き損じをぐるぐる巻いて、マイナス側の電極に被覆をむいたリード線を詰め込み完成です。

ちょい雑な作りですけど、ちゃんと使えましたから!

キチンとした作り方はコチラを参考にしてください。(単三電池を単一にする方法)

http://meteor.blog.avis.jp/archives/218

リード線はこちらから拝借しました・・・総務の方スミマセン・・・

(テングダンディ)

LEDランタンの追加記事はこちら!

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事