2024年モデルのディフェンダー「90」「110」に5.0L V8スーパーチャージャー初設定、「130」に2列5人乗り仕様を追加

■「130」に「COUNTY EXTERIOR PACK」「110」に「COUNTY EXTERIOR PACK」を用意

本格的な悪路走破性を備えるランドローバーの現行ディフェンダーは、3ドアの「90」、5ドアの「110」、同じく5ドアで3列シートの「130」を設定し、日本上陸以来、好調なセールスを続けているようです。2023年4月27日(木)、2024年モデルの受注が開始されました。

ディフェンダーの2024年モデル
ディフェンダーの2024年モデル

ディフェンダーの2024年モデルは、ラインナップの拡大がトピックス。「90」に待望の3.0L直列6気筒INGENIUM(インジニウム)ディーゼルターボ(マイルドハイブリッド/MHEV)が追加されるほか、「90」「110」に初めて5.0L V型8気筒スーパーチャージャーが搭載され、日本に導入されます。これにより、エンジンの選択肢が拡大します。

「COUNTY EXTERIOR PACK」装置車
「COUNTY EXTERIOR PACK」装置車

整理すると、2.0L直列4気筒INGENIUM(インジニウム)ガソリンターボ、3.0L直列6気筒INGENIUMディーゼルターボ(MHEV)、5.0L V型8気筒スーパーチャージドエンジンの3種類に、これまでガソリンエンジンのみだった「90」にディーゼルエンジンが追加されています。

2024年モデルに設定された「OUTBOUND」
2024年モデルに設定された「OUTBOUND」

また、先述したように、ディフェンダーで日本初導入の5.0L V型8気筒スーパーチャージャー(最高出力386kW/525PS・最大トルク625Nm)が搭載された「CARPATHIAN EDITION(カルパチアン・エディション)」と「V8」を2024年限定グレードとして「90」「110」に追加されています。

「クアッドアウトボードマウンテッドエキゾースト」、マトリックスLEDヘッドライト、ステアリングホイール(スエードクロス)、「グロスブラックブレーキキャリパー」などが標準装備されています。

さらに、8人乗り仕様のみだった「130」に、新たに5人乗り仕様の「OUTBOUND」を追加。レジャーや車中泊などにも対応するラゲッジスペースを備えています。荷室容量は、最大2516Lに達し、2列目使用時でも1329Lという広大な容量を確保。そのほか、グロスブラックの20インチ「スタイル5095」アロイホイール、ラゲッジスペースラバーマットなどが備わります。

「110」の「COUNTY EXTERIOR PACK」
「110」の「COUNTY EXTERIOR PACK」

「110」に先代ディフェンダーで用意されていたグレード「COUNTY」を、現代風に再解釈されて「エクステリアパック」として復活を果たす「COUNTY EXTERIOR PACK」も用意されます。

「130」の「OUTBOUND」
「130」の「OUTBOUND」

「130」の5人乗り仕様「CARPATHIAN EDITION」には、「カルパチアングロスバッジ」、グリル、フロント/リヤスキッドパン、「カルパチアングレイサテンプロテクティブフィルム」「ナルヴィックブラックコントラストボンネット&テールゲート&ロワーボディクラッディング」が専用装備されます。

加えて、ユーザーからのニーズに応え、2024年モデルから「90」と「130(8人乗り)」に、「フラットロードスペースフロアトレイ」を標準装備。「90」には、後席に乗り込みしやすくするため、助手席が素早くフォールドとスライドできるようになったほか、座面跳ね上げ式、「40:20:40」分割可倒式リヤシートも用意されています。こうした改良により、乗降性や積載性などが向上しています。

「OUTBOUND」のラゲッジスペース
「OUTBOUND」のラゲッジスペース

エンジンとグレードのバリエーションが一気に増えた2024年モデルのディフェンダーは、人気に拍車が掛かりそうです。

●価格帯
DEFENDER 90:729万円〜1536万円
DEFENDER 110:758万円〜1620万円
DEFENDER 130:1063万円〜1349万円

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘 近影

塚田勝弘

1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年・・・