アルファロメオ「ジュリア」次期型、PHEVでBMW M2に対抗

■リアハンチやテールエンドにボルボ「S60」の面影も

アルファロメオが販売する4ドアセダン「ジュリア」後継モデルとなる次世代サルーンを大予想しました。

アルファロメオ ジュリア_005
アルファロメオ ジュリア 次期型 予想CG

初代ジュリアは「ジュリエッタ」後継モデルとして1962年に「TI」を発売。以降、1970年代にかけて同ブランドの屋台骨を支えてきた主力モデルです。2016年には後輪駆動セダンとして復活、その後継モデルに注目が集まっています。

アルファロメオ ジュリア_001
アルファロメオ ジュリア 次期型 予想CG

デザイナーのSugar Designから協力を得た予想CGは、クラシックからインスピレーションを得ることで、驚くほど美しく、しかもモダンなデザインを実現しています。特に1960年代の「ジュリア スプリントGT」の影響が見てとれます。

スプリントGTは、「ジュリア」の2ドア4シートバージョンですが、予想CGではクーペを模するようにリアドアノブを隠し、ベルトラインもスプリントを彷彿させるべくわずかに下げられています。

ですが、デザイナーが指摘するように、このデザインのインスピレーションはクラシックカーだけではなく、ヘッドライトやフロントエンドの一部には、SUV「トナーレ」など、現代のアルファロメオのデザインから引き出されています。さらに明確にはしていないものの、リアハンチやテールエンドにボルボ「S60」の面影が見えます。

ジュリア後継モデルのパワートレインは、2.0リットル直列4気筒に電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドが予想され、2025年のデビューが期待されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?