「BMW M3 Competition M xDrive Touring」は、Dセグメントの快速スポーツワゴン

■最高出力510PS/最大トルク650Nm、0-100km/h加速は3.6秒でクリア!

BMWのスポーツ仕様である「M」モデルの中でも、サーキット走行を見据えた本格派が「Mハイパフォーマンスモデル」です。2023年1月20日、3シリーズのツーリング(ステーションワゴン)をベースとした「BMW M3 Competition M xDrive Touring」が発売されました。納車開始は、同年1月下旬以降の予定。

BMW M3 Competition M xDrive Touring_20230120_3
「BMW M3 Competition M xDrive Touring」の走行シーン

搭載されるパワーユニットは直列6気筒の「BMW Mツインパワーターボガソリンエンジン」で、最高出力510PS(375kW)/6250rpm、最大トルク650Nm/2750-5500rpmという圧倒的なアウトプットを誇ります。

0-100km/h加速は3.6秒と、Mハイパフォーマンスモデルにふさわしいスペックを実現。

BMW M3 Competition M xDrive Touring_20230120_1
BMW M3 Competition M xDrive Touringのリヤビュー

同ユニットは、圧力損失を最小限にしただけでなく、流体抵抗も低く抑えることで、レスポンスが最適化されています。

高回転まで安定したパワー供給を実現する鍛造ピストン、最適化されたブースト圧によってダイナミックなレスポンスを獲得。低回転時でも高いトルクを実現するターボによって力強い発進加速を実現しているそうです。

組み合わされるトランスミッションは、ドライブロジック付8速Mステップトロニックで、サーキット走行から街中での日常走行まで、あらゆるシーンに対応できます。

BMW M3 Competition M xDrive Touring_20230120_5
「Mカーボンセラミックブレーキ」を装備

また、ボディ含めドライブトレーンを構成するパーツにアルミニウムを多用することで軽量化も図られ、運動性能の向上にも寄与しています。

足元には「Mアダプティブサスペンション」が標準化され、スポーツ走行だけでなく、街乗り時の乗り心地向上も実現しているそう。

ハイパワーに対応するべく、高い制動力も確保されています。サーキットでのハードな走行を可能にするため、耐熱、耐フェード性能に優れた大径ブレーキディスク、軽量化された6ポッド「Mコンパウンドブレーキ」を標準化。さらに、耐摩耗性能、耐熱性能が引き上げられた「Mカーボンセラミックブレーキ」もオプション設定されています。

●M専用4輪駆動システム「M xDrive」や多彩な走行モードを搭載

駆動方式は、M専用4輪駆動システム「M xDrive」が採用され、サーキットで最高の運動性能を発揮。510PS/650Nmのハイパワーと分厚いトルクを、Mモデル専用の4輪駆動システムM xDriveを介して路面に確実に伝達されます。

このM xDriveは、インテリジェント4輪駆動システム「BMW xDrive」と「アクティブMディファレンシャル」がベースで、Mモデル専用に開発された制御システム「ドライビング・ダイナミクス・コントロール」により制御されます。

BMW M3 Competition M xDrive Touring_20230120_2
日常からサーキットまで幅広いシーンに対応する

さらに、走行安定性をサポートする「DSC(ダイナミッック・スタビリティ・コントロール)」が装備されていて、日常の安定した走行からサーキットでのアクティブな走りまで多様な楽しみに寄与しています。

デフォルト(基本設定)は、「DSCオン4WDモード」になっていて、Mモデルならではの俊敏性が十分に発揮されるようになっています。さらに、「Mダイナミックモード(MDM、4WD Sport)」では後輪への駆動トルク配分が増し、後輪のスリップ許容量が大きくなることで、サーキットなどで多様な走りも楽しめます。

BMW M3 Competition M xDrive Touring_20230120_4
リヤディフューザーとマフラーエンド

さらに、DSCオフ時に選択可能な「4WDモード」「4WD Sportモード」「2WDモード」も設定されています。

「4WDモード」では、最もバランスのいいコントロール性とトラクションの組み合わせになります。「4WD Sportモード」では、より高い精度のステアリング特性と力強いトラクションが組み合わされ、スポーティな走りに向きます。

手練れのドライバーのために用意された後輪駆動の「2WDモード」は、挙動を制限する制御システムの介入を断ち、サーキットなどで運転する喜びをダイレクトに味わうことができます。

●縦型の大型キドニーグリルを採用

BMW M3 Competition M xDrive Touring_20230120_11
迫力満点のキドニーグリル

フロントマスクは、迫力満点の縦型の大型キドニーグリルが目を惹きます。水平方向にダブルバーが配され、大出力に合わせてエンジンの冷却性能を高めるために大型エアインテークを備えることで、カタログモデルとの差別化が盛り込まれています。

サイドビューは「M」モデル専用のサイドギル、ドアミラーのほか、ダウンフォース性能を得るためのリヤスポイラーが印象的。さらに、迫力のある「Mスポーツエキゾースト」、空力特性を高めるリヤディフューザー、ワイドトレッド化により存在感のある後ろ姿もオーナーに高い満足感を与えてくれそうです。

BMW M3 Competition M xDrive Touring_20230120_6
レーシーなフロントシート

一方のインテリアは「Mスポーツシート」、Mのロゴが輝くドアシル、専用デザインのメーターパネルやステアリングなどにより高揚感をもたらす仕立てになっています。加えて、ハードなスポーツ走行に向く「Mカーボンバケットシート」もオプション設定されています。

BMW M3 Competition M xDrive Touring_20230120_7
レーシーなコクピット

そのほか、「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」「ドライビングアシストプロフェッショナル」「BMWコネクテッド・ドライブ」「BMW Intelligent Personal Assistant」「Amazon Alexa」などが搭載されていて、BMW M3 Competition M xDrive Touringは、最新のドライバーサポートやインフォテイメントシステムにより安心で快適なドライブも楽しめます。

●価格:1398万円

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。