「ミッションR」の雰囲気全開!ポルシェEVボクスター、初の全輪駆動モデルも登場予定。

■ブランド初の2シーターEVは、PPE基盤採用で2023年デビュー

ポルシェは現在、ミッドシップ2ドアスポーツカー「718ボクスター」次期型となる、エレクトリックモデルを開発していますが、その最新プロトタイプをカメラが捉えました。

ポルシェ ボクスター_002
ポルシェ 718ボクスター 次世代型 EVモデル スパイショット

スペインで捉えたプロトタイプは、かなり厳重にカモフラージュがほどこされていますが、新しい電動パワートレインを採用してもミッドシップのプロポーションを維持していることがわかると同時に、「ミッションR」を彷彿させるフロントエンドが見てとれます。

ポルシェ ボクスター_011
ポルシェ 718ボクスター 次世代型 EVモデル スパイショット

フロントエンドでは、EVセダン「タイカン」に似たヘッドライトを装備。以前捉えた開発車両では、コーナーエアインテークに閉じたスラットが写っていましたが、今回はフェイクインテークベントの奥に、アクティブエアロダイナミクスフラップが起動している様子がうかがえます。

側面では、電動パワートレインには不要な718の典型的なサイドインテークにカバーがされ、後部では、開発途中とわかるLEDテールライトが見てとれるほか、ダミーのエアインテークがバンパー中央に配置されています。

市販型では「タイカン」「マカンEV」に続くポルシェ3番目のEVモデルになるとともに、同ブランド初の2シーターEVになります。また、アウディと共同で開発されている「プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック」(PPE)アーキテクチャを採用する可能性が高く、ボクスター/ケイマンシリーズとして初めて、デュアルモーターによる全輪駆動がホットモデルに用意される予定となっています。

ポルシェ ボクスター_008
ポルシェ 718ボクスター 次世代型 EVモデル スパイショット

キャビン内の様子はわずかに見えますが、少なくとも2つのディスプレイを装備することが予想されます。

市販型のパワートレインは不明ですが、ミッションRコンセプトではフロントとリアのモーターが連携して1073馬力(800kW)以上を発揮するとしており、同レベルのスペックも期待していいでしょう。

エレクトリック718ケイマンとボクスターの生産は2024年後半に予定されていることから、2つのEVは2024年モデルとして、2023年内にワールドプレミアが期待できるはずです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?