メルセデス・ベンツ「CLAシューティングブレーク」改良型のここが変わる!次期型発売への試金石

■全ラインアップを電動化。ヘッドライトユニット下部に追加のLEDが配置

メルセデス・ベンツは現在、スタイリッシュコンパクト4ドアクーペ「CLA」改良型を開発中ですが、その派生ワゴンとなる「CLAシューティングブレーク」市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデス・ベンツCLA_001
メルセデス・ベンツCLA シューティングブレーク 改良型プロトタイプ スパイショット

現行型(C118/X118型)は2019年に登場しており、これが初の大幅改良となります。

ヨーロッパの公道で捉えたプロトタイプはボディ前後を軽くカモフラージュ。フロントエンドでは、ヘッドライトのアウトラインはそのままに內部グラフィックを刷新、ライトユニット下部に追加のLEDが配置されています。また、エアインテークデザインやグリルも微調整されるでしょう。後部では、LEDテールライトに現行型とは異なるハーフカップのLEDラインが見てとれます。

メルセデス・ベンツCLA_013
メルセデス・ベンツCLA シューティングブレーク 改良型プロトタイプ スパイショット

キャビン内では、デュアルスクリーンレイアウトはそのままに、Aクラスでアップデートしたセンターコンソールを装備、トラックパッドは廃止され、ブランド最新のMBUXソフトウェアが提供されます。

今回の改良型では、ボンネットの下にも注目です。さまざまなパワートレインを7速または8速ギアボックスに組み合わせて、48ボルトのマイルドハイブリッドシステムでCLA全ラインナップを電動化します。

電気ブーストは、CLAのより多くのパワーとパフォーマンスの向上につながると予想。 AMG「CLA 35」はハイブリッドセットアップを取得し、「CLA 45」は改良されたAクラスと同じ416馬力に向上する可能性が高いと見られます。

CLAおよびCLAシューティングブレーク改良型のワールドプレミアは2023年半ばと予想されますが、廃止も噂される中、次期型発売への試金石となる重要なモデルであることは間違いないでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?