アウディ「Q6 e-tron」次世代ディスプレイは「突き出し」型に?

■新型EVクロスオーバーSUV、「Q6 e-tron」に採用

アウディが現在開発中の新型EVクロスオーバーSUV「Q6 e-tron」市販型の最新プロトタイプを捉えるとともに、コクピットをカメラが初めて鮮明に撮影しました。

アウディ Q6 e-tron_008
アウディ Q6 e-tron 市販型プロトタイプ スパイショット

カモフラージュラッピングはQ6 e-tronのディテールを隠したままですが、今回はインテリアをこれまでで最高の状態で見せてくれています。

以前もウインドウ越しにコクピットを撮影し、ダッシュボードから突き出たスクリーンを発見しました。当時はそれが本物か不明でしたが、今回の写真でそれがプロダクションコンポーネントであることがわかりました。

アウディ Q6 e-tron_002
アウディ Q6 e-tron 市販型プロトタイプ スパイショット

內部にはQ4 e-tronと共有するフラットボトムステアリングホイールを装備、その後ろには台形のデジタルインストルメントクラスターが確認できます。中央のタッチスクリーンは、現在のラインアップでみられる統合されたディスプレイとは大きく異っています。

エクステリアでは、フロントエンドにスプリットヘッドライトを配置、中央には密閉されたグリルを装備しています。

下部には台形のインテークを配置、運転支援システム用のセンサーらしきものが見えますが、現時点では、これらのシステムがどれだけ高度になるかは不明です。

EQラインナップを内燃機関車とは大きく異なるように設計したライバルのメルセデス・ベンツとは異なり、アウディ Q6 e-tronでは、伝統的なクロスオーバー/SUVスタイルも保持していることがわかります。

アウディ Q6 e-tron_012
アウディ Q6 e-tron 市販型プロトタイプ スパイショット

市販型では、ポルシェ「マカンEV」と「PPE」プラットフォームを共有。シングルモーターとデュアルモーターバージョンを提供し、約100kWhのバッテリーパックを積む可能性があります。

後者は最高出力476ps・最大トルク800Nmを発揮するデュアルモーター全輪駆動システムが予想されます。また最高出力600ps・最大トルク830Nmを叩き出す最強モデル「Q6 e-tron RS」も噂されています。

アウディQ6 e-tronは当初、今年2022年にデビューする予定でしたが、ポルシェ マカンEVが2024年に延期されたため、発表が延期される可能性がありそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?