BMW・i7より強力!? ボルボの次世代フラッグシップ「ES100」を大予想

■デュアル電気モーターのセットアップを搭載、最高出力517ps、最大トルク910Nm

ボルボは11月9日、新型電動クロスオーバーSUV「EX90」を発表しましたが、次世代フラッグシップセダン「ES100」を大予想しました。

ボルボ ES100_002
ボルボ ES100 予想CG

CGを提供してくれたのデジタルアーティストのTheottle氏です。同氏によると、このモデルはBMW「i7」やメルセデス・ベンツ「EQS」の直接のライバルになる、同様のスタイルのフルエレクトリックセダンだと言います。

ボルボ ES100_004
ボルボ ES100 予想CG

デザインはi7に基づき制作、同じプロポーションを維持しながら、ボディワーク全体をVolvo EX90のパーツに置き換えています。

フルエレクトリックSUVのシンプルなライン、滑らかな表面、グリルレスのフロントエンドは伝統的セダンのボディスタイルにピッタリですが、LEDヘッドライトは主流のスリムデザインが好ましいかもしれません。

ES100パワーユニットは、EX90と共有するとみられ、デュアル電気モーターのセットアップを搭載。最高出力517ps、BMW i7より強力な最大トルク910Nmを発揮します。また107 kWhのバッテリーを積みますが、セダンのため後続距離はEX90の373マイル (600km) よりも長くなる可能性があります。

現在、ボルボのラインナップで最大かつ最も豪華なセダンモデルは、2016年に最初に導入された「S90」です。しかし、4,963mm(195.4インチ)の全長はBMW 5シリーズ、アウディA6、メルセデス・ベンツ Eクラスと同レベルであり、フラッグシップとしは物足りなさを感じます。

S60とS90の両モデルが新しい世代に継承されるか明らかではないですが、同ブランドでは、SUVと並んでセダンとエステートを作り続けることを約束しており、すでに「ES60/EV90」および「ES90/EV90」の名前が商標登録されています。現段階でES100の商標登録は未確認ですが、i7と並ぶ最高級セダンが計画されていても不思議ではないでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?