スーパーカーのオマージュブーム?現代版フェラーリ「288GTO」を大予想

■288GTOのウェッジ形状を採用、流れるようなラインが特徴的

フェラーリ「288GTO」をオマージュ、現代版スーパーカーとして提案したCGを入手しました。

フェラーリ 288オマージュ コンセプト CG。フロント、リヤ、サイドの3面
フェラーリ 288オマージュ コンセプト CG

288GTOは、伊ピニンファリーナによってデザインされ、1984年から1987年にかけてフェラーリが販売したリアミッドシップ・後輪駆動のスポーツカーです。

パワートレインは、2.9リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力400psを誇った同ブランドの名車です。

スーパーカーのオマージュモデルといえば、最近では2022年9月にケーニグセグがブランド最初の量産車「CC8S」のデビュー20周年を祝い「CC850」を発表したほか、2021年8月にはランボルギーニが「カウンタック」50周年を記念し「LPI 800-4」を公開しており、今回の提案もそれらに触発されたようです。

フェラーリ 288オマージュ コンセプト CG。サイドセクション
フェラーリ 288オマージュ コンセプト CG

デザイナーのZhiheng Guo氏から提供されたCGは、288GTOのウェッジ形状を採用、フロントからサイド、リアへ向かい流れるようなラインが印象的です。

特にオリジナルのシンプルなNACAダクトを、ドアからシームレスに流れるエアインテークに置き換えたサイドビューが出色と言えるでしょう。

フロントエンドでは、ブラックアウトしたフロントグリルのすぐ上にスリムなLEDヘッドライトを配置しています。これは現実的とは言えませんが、インパクトは強いです。

そのほか目立つのは、角張ったリアホイールアーチ、セクシーな5本スポークのホイールです。

フェラーリ 288オマージュ コンセプト CG。リヤビュー
フェラーリ 288オマージュ コンセプト CG

後部は、フェラーリ「296 GTB」からインスピレーションを得ている印象で、LEDテールライトのデザインは専用ながら、バンパー上部の四角いエキゾーストシステムや、ディフューザー、エンジンカバー、バットレスなどの形状も296GTBにかなり近いと言えそうです。

ケーニグセグ、ランボルギーニに続くスーパーカーオマージュ作品はフェラーリになるのか、注目です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO 近影

APOLLO

アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年には・・・