高橋国光さんを偲ぶ「お別れの会」を11月21日に実施。「ファンの方も献花できます」とチームクニミツが発表

■日本モータースポーツ界のレジェンドを悼む

チームクニミツは、2022年3月16日に逝去された高橋国光さんを偲ぶ「お別れの会」を、2022年11月21日(月)に実施すると発表しました。

高橋国光
2020年には「スポーツ功労者」として文部科学省に顕彰された

高橋国光さんは、2輪レースからモータースポーツのキャリアをスタート。1960年からホンダのワークスライダーに加入し、翌1961年の西ドイツGPで日本人ライダー初の世界選手権優勝という快挙を成し遂げました。

高橋国光
ポルシェと国さんのコンビネーションで、85~87年の3年間、耐久チャンピオンを獲得

1965年に4輪の世界へ舞台を移し、1977年のF1日本グランプリ出場や、1995年のル・マン24時間耐久レース クラス優勝など、数々の栄光の歴史を刻みます。

1999年まで第一線のレーサーとして最前線で戦った高橋さんは、2000年より「チーム国光」の監督業に専念。以降、若手のエンジニアやレーシングドライバーを育成し、国内モータースポーツの発展へ大いに貢献してきました。

高橋国光
1977年日本F1テストは豪雨。ファンの期待に応えてくれました。そして、レースでは日本人最上位を記録する大健闘

その長年の功績が評価され、2020年には文部科学省の「スポーツ功労者顕彰」を受章。受章に際して高橋さんは、周囲の人々への優しい視線と、モータースポーツ愛に溢れたコメントを寄せられました。

2018年スーパーGTにて。高橋国光氏
2018年のスーパーGTではGT500クラスのチャンピオンに(ドライバーは山本尚貴/ジェンソン・バトン)

「この度受章させて頂きました『スポーツ功労者顕彰』は、私だけが受章したとは考えておりません。これは、これまで私を支えてくださったすべての皆様で、受章をさせて頂いたと思っています。これからも、モータースポーツの繁栄のお力となれるよう、引き続き精進して参ります」

2019年Moto GPオランダGPでホンダ世界選手権参戦60周年記念デモランに登場した高橋国光氏
2019年Moto GPオランダGPでホンダ世界選手権参戦60周年記念デモランに登場した高橋国光氏

「国さん」の愛称で広く親しまれたモータースポーツ界のレジェンドは、80歳を超えてもなお、前向きにモータースポーツの行く先を見据え続けてきました。

高橋国光さんを悼む「お別れの会」は、11月21日にウェスティンホテル東京(東京都目黒区三田)で執り行われます。

国さんファン、レースファンの皆様も献花ができますので、会場へは公共交通機関をご利用の上、お越しください。

※高橋国光さんの「高」は「はしごだか」が正式です。

1996年全日本GT選手権にて。高橋国光氏
ル・マンでクラス優勝を果たした翌1996年、高橋国光氏はホンダNSXで全日本GT選手権へ参戦

「高橋国光 お別れの会」
日時:令和4年11月21日(月)午後15〜16時
場所:ウェスティンホテル東京 地下2階 ギャラクシールーム
東京都目黒区三田1-4-1
電話 03-5423-7000
※香典・供花は謹んでご辞退されておられます。

(三代 やよい/画像:熊谷 睦、ホンダ、オートスポーツ誌)

【関連記事】

この記事の著者

三代やよい

三代やよい 近影
自動車メーカー勤務後、編集・ライティング業に転身。メカ好きが高じて、クルマ、オートバイ、ロボット、船、航空機、鉄道などのライティングを生業に。乗り継いできた愛車は9割MT。ホットハッチとライトウェイトオープンスポーツに惹かれる体質。生来の歴女ゆえ、名車のヒストリーを掘り起こすのが個人的趣味。