ランボルギーニ初のオフローダー「ウラカン ステラート」の市販型デザイン? プロトタイプが公式リーク

■パリモーターショーデビュー? ルーフレールやワイドフェンダーエクステンションを装着

ランボルギーニが開発中のオフロードスーパーカー「ウラカン ステラート」市販型の最新プロトタイプが公式リークされました。

ランボルギーニ ステラート_002
ランボルギーニ ウラカン ステラート 市販型 ティザーイメージ

最新プロトタイプは、ブルーをテーマにしたカモフラージュのカラーリングに身を包んでいますが、ルーフレールを装着。

未塗装のボルトオンワイドフェンダーエクステンション、ノーズに取り付けられた追加のLED、新設計されたインテーク、エンジンカバーの大きなスクープ、ディフューザーなどが確認できるほか、足回りにはブラック塗装マルチスポークアルミホイールも装着しており、最終市販型へぐっと近づいている様子がうかがえます。

ランボルギーニ ステラート_013
ランボルギーニ ウラカン ステラート 市販型 ティザーイメージ

ウラカン ステラートは、「Evo AWD」「テクニカ」「STO」と同様に、ミッドシップに自然吸気の5.2リッターV10を搭載。最高出力640ps・最大トルク601Nmを発揮すると予想されています。

おそらくウラカンシリーズ最後のV10エンジンになると思われ、デュアルクラッチギアボックスとAWDシステムは、オフロード性能を向上させるために調整されている可能性が高いようです。

ステラートコンセプトは2019年にデビュー、標準のウラカンより1.85インチ(47mm)高いサスペンションを備え、前後のトラックは1.18インチ(30mm)広くなっています。またフロントにアルミボディ補強を追加し、サイドスカートを補強、フロントとリアの下部スキッドプレートは機械部品を保護してくれます。

インテリアでは、チタン製のロールケージ、アルミ製のフロアパネル、カーボンファイバー製のシェルを備えたシートなどがみられましたが、果たして市販型でどこまで反映されるか注目です。

ウラカン ステラートのワールドプレミアですが、最新情報によると10月17日に開幕する「パリモーターショー2022」が有力のようです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?