日産ローグがターゲット。VWのファミリーSUV「Tharu」が初の大幅改良へ

■ポルシェ「タイカン」に少し似た4つの正方形LEDライトで構成

フォルクスワーゲン(VW)のファミリー向けクロスオーバーSUV「Tharu/Taos」改良型プロトタイプをカメラが捉えました。

VW Tharu_003
VW Tharu 改良型プロトタイプ

Tharu(タル)はVWグループの「MQB」プラットフォームに基づくクロスオーバーSUVで、初代となる現行モデルが2018年に発表。発売当時は中国のみで販売されていました。

しかし2020年以降は北米、および南米で「Taos」(タオス)として販売されています。Tharuは上海VWによって製造されており、ICE駆動とバッテリー駆動バージョンが提供されています。一方Taosは、メキシコで生産されています。

VW Tharu_010
VW Tharu 改良型プロトタイプ

今後も欧州での発売は予定されていないはずですが、開発車両はドイツ・ヴォルフスブルク市街地で撮影されています。

プロトタイプのフロントエンドには、新設計のヘッドライトを装備、ポルシェ タイカンに少し似た4つの正方形LEDライトで構成されているように見えますが、プロトタイプは内側のペアや下部をステッカーでカモフラージュ、現行型LEDデイタイムランニングライトを装っています。またコーナーエアインテークを含むバンパーも改良中の様子が確認できます。

側面では今のところ変更は見られませんが、リアエンドでは新グラフィックのテールライトを装備、おそらく全幅のLEDライトバーで接続されると思われます。また、リフレクターの位置が変更された新しいバンパーが確認できます。

TharuとTaosは異なるエンジンをラインアップ。米国では最高出力158ps・最大トルク249Nmを発揮する1.5リットル直列4気筒ターボチャージャーガソリンエンジンを搭載。前輪駆動モデルには8速トルクコンバーター式オートマチックギアボックスがあり、AWDには7速デュアルクラッチトランスミッションが装備されます。

中国市場では、最高出力190psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボエンジン、最高出力136psのシングルモーターを搭載する「e-Tharu」EVも提供されます。

Tharuのワールドプレミアは、2023年以降で、市場では日産ローグなどと競うことになります。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?