車高短SUV?メルセデスAMG『EQE53』はローダウンで開発中?

■足回りには22インチホイール&ミシュランパイロットスポーツタイヤを装着

メルセデス AMG EQE_003
メルセデス AMG EQE53 プロトタイプ

メルセデス・ベンツは7月、主力「Eクラス」に相当するEV、「EQE」に高性能AMGモデル「EQE53」を設定しましたが、そのクロスオーバーSUV版となるAMG「EQE53 SUV」最新プロトタイプをカメラが捉えました。

ニュルブルクリンク付近で捉えた開発車両は、デザイン詳細を完全にカモフラージュ。しかし「EQE SUV」の足跡をたどるべく、スイープバックヘッドライトに流れる完全に密閉されたグリルを装備しているほか、その下にはアグレッシブな吸気口の輪郭がうっすらと確認できます。

メルセデス AMG EQE_008
メルセデス AMG EQE53 プロトタイプ

側面から見ると、クロスオーバーSUVにしてはボディがかなりローダウンされていることがわかります。これが市販型となれば、新たな市場の開拓につながる可能性もありそうです。

また分厚いサイドスカート、フラッシュマウント・ドアハンドル、傾斜したルーフも見てとれます。

足回りでは、22インチホイールにアグレッシブなミシュランパイロットスポーツタイヤを装着。スポークリムの後ろには巨大ブレーキも見られ、このモデルがAMGであることは一目瞭然です。また後部では、スリムなテールライトはLEDストリップバーで接続されるはずです。

キャビン内はまだ未確認ですが、、MBUXハイパースクリーン、スポーツシート、フラットボトムステアリングホイール、イルミネーティッド付きAMGドアシルプレートが期待できます。

パワートレインはEQE53から引き継がれる可能性が高く、デュアルモーター全輪駆動システムを採用。90.6kWhのバッテリーを搭載し、最高出力626ps・最大トルク950Nmを発揮。0-100km/h加速は3.5秒、最高速度220km/hの動力性能を誇ります。

また最高出力687ps・最大トルク1000Nにブーストする「AMG DAYNAMIC PLUS」パッケージも期待でき、こちらは0-100km/h加速3.3秒、最高速度240km/hへと向上するようです。

AMG EQE53 SUVのワールドプレミアは、2022年末までに期待できるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?