BMW量産モデルでニュルブルクリンク最速タイムを叩き出した「BMW M4 CSL」が25台限定・2196万円で上陸

■サーキット走行を見据えた最速のM4クーペ

ニュルブルクリンク北コースでBMW量産車最速を記録した「BMW M4 CSL」の注文受付が、2022年9月26日(午後11:59)まで、BMWオンライン・ストアで行われています。

BMWのスポーツクーペであるM4。2022年9月2日に発表されたこの「BMW M4 CSL」は「Mハイパフォーマンスモデル」であり、「BMW M4 Competition(RWDモデル)」がベース。約100kgの軽量化、40PSの出力向上によりニュルブルクリンク北コース(20,832km)において、7分20秒207のラップタイムを記録したBMW量産車最速モデルです。

BMW M4 CSL
サーキットを駆けるBMW M4 CSL

車名の「CSL」は、Competition、Sport、Lightweightの頭文字から命名されています。

先述したように、「BMW M4 Competition(RWDモデル)」をベースにさらなる軽量化が盛り込まれていて、ボンネットフードやトランクリッドにCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用。キドニーグリル、エアインレット、ドアミラーキャップ、ディフューザーにもCFRPが使われていて、軽量化だけでなく、抜群の存在感を放っています。

BMW M4 CSL
BMW M4 CSLの走行イメージ

さらに、イエローのデイライトを備えたレーザーライト、レーザーテクノロジーが採用されたリヤコンビネーションランプも用意され、トランクリッドなどに配されるバッチは、ブラックをベースにレッドのアクセント付で、特別なモデルであることを主張しています。

インテリアには、レースシーンを彷彿とさせるデザインが採用されていて、センターマーク付きのMアルカンターラステアリング、Mカーボンファイバートリム、専用CFRP製センターコンソールなどが備わります。シートは、極限まで軽量化が図られたMカーボンフルバケットが用意されています。レースシーンでの使用も考慮されていて、6点式シートベルトに対応。

BMW M4 CSL
BMW M4 CSLのインパネ

ヘルメット使用時でもヘッドレストが邪魔にならないように工夫が凝らされています。なお、軽量化のため後席は取り払われていて、ヘルメットなどの収納スペースになっています。

パワーユニットは、BMW M4に搭載されるエンジンをベースに、1.7barから2.1barにブースト・アップされ、「BMW M4 Competition」よりも最高出力が40PS向上。最高出力は405kW(550PS)に達し、軽量化も相まって0-100km/h加速は3.7秒となっています。トランスミッションは、8速Mステップトロニック・トランスミッション。

BMW M4 CSL
前席後方にヘルメットを収納できる

シャシーも強化されています。「BMW M4 Competition」をベースに、路面追従性をはじめ、キャンバー強度やダンパーのレスポンスを向上させるため、ボールジョイントが4か所増やされていて、計14か所になっています。

さらに「BMW M4 CSL」専用サスペンション、専用スタビライザー、レッドハイグロスのMカーボンセラミックブレーキも標準装備され、サーキットでの究極の走りを提供するとしています。まさに究極のM4といえる「BMW M4 CSL」は、世界1,000台限定で日本には25台限定導入になります。

BMW M4 CSL
BMW M4 CSLの前席

限定台数より注文数が上回ると抽選になり、今年10月初旬までに当選者が決定されます。納車開始は、2022年の第四四半期以降を予定です。

●ボディサイズ:全長4805×全幅1920×全高1385mm
●価格:2196万円

(塚田勝弘)

【関連リンク】

BMWオンライン・ストア
https://online-store.bmw.co.jp/

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。