新型ステップワゴンが「無限」アイテムで走りも見た目もスポーティに変化。ディーラーで購入・取付可能なのも大きな魅力

■モータースポーツで活躍する無限がステップワゴンをカスタマイズするとどうなる?

無限(MUGEN)」といえば、モータースポーツ好きにはよく知られたブランド。ホンダと結びつきが強く、市販車をベースにした車両制作からF1まで幅広くレースに参戦し、国内ではスーパーフォーミュラやスーパーGTでの活躍をイメージする人も多いのではないでしょうか。

そんな無限は、市販車用のカスタマイズパーツも展開しています。そこで今回は、その最新車両となる新型ステップワゴン用のアイテムに注目することにしました。

無限&新型ステップワゴンSPADA
無限のアイテムを装着した新型ステップワゴンSPADA

というわけで目の前にある無限仕様の新型ステップワゴン。まず感じたのは、上級仕様の「SPADA」をベースとしているのに、ノーマルのスパーダとは大きく印象が違うことです。

どう違うのか? それは、上級感からスポーティなオーラへとキャラ変をしていること。雰囲気はかなり違います。

標準状態SPADAのエクステリアはさりげなくメッキパーツを使って上級感を演出する仕立て。対して無限パーツを装着したエクステリアは、レーシングカーとまでは言わないものの、見るからにスポーティな雰囲気。靴でいえば、フォーマルな革靴からオシャレなスニーカーに履き替えたくらいの感じでしょうか。

無限&新型ステップワゴンSPADA
無限ステップワゴンSPADAのリヤスタイル。

どうしてここまでイメチェンできたのか。もちろんエクステリアパーツの装着により、ワイド感や低重心感が増しているのは言うまでもありません。フロントアンダースポイラーやサイドガーニッシュの装着でボトムのボリュームが増して、それが抑揚をつけると同時にスタイリングに安定感をもたらしているのは言うまでもないでしょう。

無限&新型ステップワゴンSPADA
無限パーツを装着した新型ステップワゴンSPADAのフロント
無限&新型ステップワゴンSPADA
フロントグリルガーニッシュ。4万9500円
無限&新型ステップワゴンSPADA
車体側面のボリューム感を増す「サイドガーニッシュ」。塗装済みは13万2000円。未塗装は12万1000円
無限&新型ステップワゴンSPADA
レーシングカーをイメージさせる形状の「リアアンダースポイラー」。標準装備マフラー装着車用と、無限スポーツサイレンサー装着車用がありどちらもカラード仕上げが8万2500円。未塗装は7万1500円。下部はディフューザー形状になっている


加えて注目したいのは、メッキパーツを隠していること。

新型ステップワゴンSPADAの特徴のひとつは、フロントバンパーからサイドシル、そしてリヤバンパーと車体下部をグルリと囲むようにつないでいるメッキのライン。これは煌びやかな雰囲気の演出に大きな効果をもたらしています。しかし無限のエクステリアパーツを装着するとその大部分が隠れ、その結果としてスポーティな雰囲気へとチェンジしているのです。レーシングカーには基本的にメッキパーツはありませんからね。

というわけで、新型ステップワゴンをスポーティに乗りたいという人にとって、無限のエアロはかなり魅力的ですよ。

無限&新型ステップワゴンSPADA
フロント側へ延びたデザインが特徴的なドアミラーカバー。エクステリアのアクセントとなる。ブラック塗装仕上げ3万9600円。未塗装2万8600円
無限&新型ステップワゴンSPADA
ドア開閉時につくツメによる傷を防ぐプロテクター。カーボン調のシボがスポーティだ。3080円
無限&新型ステップワゴンSPADA
レース活動のノウハウを注いだコンピューター解析による空力性能が自慢のベンチレーテッドバイザー。ゴムブレードを組み合わせ、車内から出た空気が再び車内へ逆流するのを防ぐ設計になっている。3万800円


●真っ赤なフロアマットがうれしいインテリア

もちろんスポーティなのは、エクステリアだけではありません。

スポーツマット
スポーツマット(レッド)のフロントフロア装着状態。カラーは「レッド」と「ブラック×レッド」の2色を設定。レッドは5万9400円(1〜3列セット価格)
スポーツマット
2列目のスポーツマット装着状態。こちらにも無限ロゴ刺繍エンブレムをレイアウト

インテリアで「これはいい!」と強く思ったのが、真っ赤な床。ドアを開けると、ホンダの高性能スポーツモデル「タイプR」のような、真っ赤なフロアが迎えてくれるのです。

これは「スポーツマット」と呼ぶマットによる演出。床が赤くなると、特別なクルマに感じさせてくれますよね。ブラックもあって好みに応じて選べますが、こういうコーディネートはさすがモータースポーツ系のブランドだなと思いますよね。

スポーツラゲッジマット
スポーツマットとコーディネートできるスポーツラゲッジマット。カラーはスポーツマットと同じく「ブラック×レッド」と「レッド」の2色。無限ロゴ刺繍エンブレム入り。レッドは2万6400円

ちなみにシリーズとして、ラゲッジルームのフロアも同じ色でコーディネートできる「スポーツラゲッジマット」もあるので、トータルでそろえるといいかもしれませんね。

それにしても、スポーツ仕立てのクルマの床はやっぱり赤に限りますね(黒もいいけど)。

●走りのアイテムはどうか?

もちろん、内外装だけでなく機能パーツもラインナップ。

無限&新型ステップワゴンSPADA
新型ステップワゴン専用にインセットをチューニングした18インチのアルミホイールはバネ下重量の削減に貢献。サイズは18×7.5Jでインセット40。価格は5万2800円/本

たとえばアルミホイール「MDW」は、インセットを綿密に調整した新型ステップワゴン専用のサイズとしてドレスアップ効果が高いのに加えて、軽さも自慢。「SPADA PUREMUM LINE」が標準装備する17インチに対して1インチアップの18インチとしても、1本当たり約1kg軽くなっています。

説明するまでもないでしょう。足元の1kgは、運動性能向上に相当効きますよね。

無限&新型ステップワゴンSPADA
Φ75mmのチタン製フィニッシャーでリヤスタイルを引き締め、心地いい排気音も手に入れられるスポーツサイレンサー。もちろん保安基準適合だ。ハイブリッド車用とガソリン車用共にFF車用があり、それぞれ20万3500円

また、無限リヤアンダースポイラーとセットで装着してリヤスタイルを引き締めるスポーツサイレンサーは、チタン製のフィニッシャーによるドレスアップ効果とともに、心地よい音も特徴。音量自体はノーマルとほぼ変わらずに、アイドリング時は排気音がまったく気にならないほどでありつつ、アクセルを踏み込んだ時には澄んだ軽快な音で気分を上げてくれます。

大切なので繰り返しますが、うるさくないですよ。

●パフォーマンスダンパー ®は効くの?

パフォーマンスダンパー
ヤマハ発動機製で、メーカーを超えて走りにこだわる高級車や限定車に採用されてきたパフォーマンスダンパー®。フロント/リア各1本の1台分セット。14万3000円(写真は別車種用)

そして、注目したいアイテムが「パフォーマンスダンパー」。一部の上級車種やスペシャルな仕様に純正装着されることもあるパフォーマンスダンパーを、新車購入後(もちろん新車装着時も)に追加で装着できるのです。

ちなみに、製造するのはヤマハ発動機で、新型ステップワゴン用として無限との共同開発で商品化しています。

傘の先で指しているのがフロント側のパフォーマンスダンパー。エンジンルーム下部にわずかに見える

パフォーマンスダンパーは車体の前後に装着するアイテムで、いわば“つっかえ棒”。しかし、ただの棒ではなく、ほんの数ミリながら伸び縮みするダンパーになっているのがポイントで、動くことで振動のエネルギーを吸収するのがその働き。剛性をアップするものではなく、車体の振動を減衰する(車体の揺れの収まりを早める)アイテムなのです。

無限&新型ステップワゴンSPADA
パフォーマンスダンパー(14万3000円)を装着すると走りは変わる? パフォーマンスダンパー装着による標準車との走行フィーリングの違いを確認するため、ノーマルタイヤ&ホイールで試乗

気になるのは、走ってどうか?本当に効くのか?ですよね。

結論から言えば、確実に効きます。

たとえば曲がるときは、ステアリングを切った時のクルマの反応がスムーズになることを実感。ステアリングを通して手から伝わってくる反応から雑味が消え、スッキリとするのです。

これは気持ちいい。

車体前後にダンパーを組み込んでステアフィールに影響することに因果関係がなさそうですが、ステアフィールには車体の振動が密接に関連しているというわけですね。

無限&新型ステップワゴンSPADA
パフォーマンスダンパーの装着により、ドライバーにとっては運転感覚にスッキリ感が増して心地よくなる

また、クルマの挙動はまるで車体剛性が上がったように感じられます。それは凹凸を超えた際などの入力の減衰が早まっているから。パフォーマンスダンパーの装着により車体剛性が上がるわけではありませんが、入力に対して車体剛性向上と同じ効果があるのでそう感じられるのです。つまり、走りの水準がワンランク上がったことを実感できますよ。

ステアフィール向上も、剛性感アップも、ある程度クルマと対話ができるドライバーなら、交差点を普通に曲がるだけで実感できるでしょう。

意外なのは、乗り心地まで良くなること。

無限&新型ステップワゴンSPADA
パフォーマンスダンパーはドライバーだけでなく同乗者にも乗り心地向上としてメリットあり

たとえば、段差を通過した後は衝撃がボディへ入り、さらに振動として乗員に伝わります。普通はその衝撃が何度か車体を揺らすのですが、パフォーマンスダンパー装着によりビシッと揺れが収まるので挙動に落ち着きが増し、乗り心地が良くなるというわけです。車体剛性が上がったように感じられるのと同じ理屈ですね。

運転好きのドライバーはステアフィールの向上として、同乗者には乗り心地の向上として。両方にメリットがあるのがパフォーマンスダンパーのいいところです。

●無限のアイテムはホンダの新車ディーラーで購入/取り付けできるのも魅力

無限&新型ステップワゴンSPADA
無限&新型ステップワゴンSPADA

ところで、そんな無限の市販車向けアイテムに関して「魅力的だけど、どこで買えるかわからない。専門のショップで取り付けるのは面倒」と思っている人も少なくないのではないでしょうか。

実は、そうではありません。

今回紹介したすべてのパーツをはじめ、競技用ではない市販車用のアイテムは、ホンダの正規ディーラーでの購入や取り付けが可能。新車購入時であれば新車ローンに組み込むこともできるので、新型ステップワゴンをはじめ、ホンダ車を選ぶ際は検討しない理由はない、と断言できます。

【無限パーツ価格】
フロントアンダースポイラー:純正色仕上げ 9万3500円/未塗装 8万2500円
フロントグリルガーニッシュ:4万9500円
サイドガーニッシュ:塗装済み 13万2000円/未塗装 12万1000円
リアアンダースポイラー:カラード仕上げ 8万2500円/未塗装 7万1500円
ドアミラーカバー:ブラック塗装仕上げ 3万9600円/未塗装 2万8600円
ドアハンドルプロテクター:3080円
ベンチレーテッドバイザー:3万800円
スポーツマット:レッド 5万9400円(1〜3列セット価格)/ブラック×レッド(5万8300円)もあり
スポーツラゲッジマット:レッド 2万6400円/ブラック×レッド(2万5300円)もあり
アルミホイール:5万2800円/本/サイズ 18×7.5Jインセット40(専用ホイールナット別売り/推奨タイヤサイズ 225/45R18/2022年10月末発売予定)
スポーツサイレンサー:20万3500円/保安基準適合・ハイブリッドFF車用、ガソリンFF車用あり(装着には無限リアアンダースポイラーが必要、2022年10月末発売予定)
パフォーマンスダンパー®:14万3000円/フロント/リア各1本の1台分セット(2022年10月末発売予定)

(文:工藤 貴宏/写真:井上 誠)

※文中の価格は税込み、取付費用は別途となります。
※「PERFORMANCE DAMPER/パフォーマンス ダンパー」はヤマハ発動機(株)の登録商標です。

Sponsored by 無限(M-TEC)

無限4輪用品 http://www.mugen-power.com/carparts/

【無限&新型ステップワゴン画像ギャラリー】

この記事の著者

工藤貴宏

工藤貴宏 近影
1976年長野県生まれ。自動車雑誌編集部や編集プロダクションを経てフリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆している。現在の愛車はルノー・ルーテシアR.S.トロフィーとディーゼルエンジンのマツダCX-5。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。