メルセデス・ベンツ「EQE SUV」、キャビン内を先行公開

■「GLE」エレクトリックヴァージョン、10月16日デビュー決定

メルセデス・ベンツは現在、新型の電気クロスオーバーSUV「EQE SUV」を開発中ですが、そのキャビン内の画像が先行公開されました。

メルセデス・ベンツEQE SUV_002
メルセデス・ベンツEQE SUV 市販型プロトタイプ

同ブランドでは「Eクラス」のエレクトリック版となる「EQE」を発表済みですが、EQE SUVは「GLE」のエレクトリックヴァージョンとなります。

メルセデス・ベンツEQE SUV_011
メルセデス・ベンツEQE SUV 車内 ティザーイメージ

公開された車内画像では、ほかのEQモデル同様に、バックライト付きインテリア照明があります。

また、オプションの MBUX ハイパースクリーンがダッシュボード全体に広がり、タービン デザインの外側の通気孔も備えていることが見てとれます。

そしてウッド、アルミニウム、3Dの無煙炭、微細な金属顔料のトリムが、キャビン内の要素を完成させています。

メルセデス・ベンツEQE SUV_008
メルセデス・ベンツEQE SUV コックピット ティザーイメージ

パワートレインに関しては不明ですが、EQEセダンと共有する可能性が高く、90kWhのバッテリーパックと最高出力293psを発揮するリアマウントの電気モーターが搭載されると見ています。

EQEセダンではWLTPサイクルで最大410マイル(660km)の航続を誇りますが、SUVでは若干の低下が考えられます。

さらに、最高出力476ps・最大トルク858Nmを発揮するデュアルモーター全輪駆動システムのAMG「EQE 43」、最高出力626ps・最大トルク950Nmを発揮するAMG「EQE 53」も期待されています。

今後ワールドプレミアが行われる10月16日まで、ティザーキャンペーンが展開されるはずです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?