メルセデス・ベンツ「GLB」が初の大幅改良へ。気合いの入ったリフレッシュに?

■SUVマイバッハ仕様のLEDグラフィックを装備か

メルセデス・ベンツが販売するコンパクト・クロスオーバーSUV「GLB」改良型プロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデス・ベンツ GLB_001
メルセデス・ベンツ GLB 改良型 スクープ

初代となる現行GLB(X247)は2019年にデビュー。これが初の大幅改良となります。

同社では「Aクラス」と「Bクラス」を2025年に廃止し、EVや高級モデルを中心にシフトしていく計画を発表していますが、人気SUVの「GLA」と「GLB」は生き残りが確定しており、気合の入った大幅改良となるはずです。

メルセデス・ベンツ GLB_008
メルセデス・ベンツ GLB 改良型 スクープ

ドイツの公道で捉えたプロトタイプは、前後を軽くカモフラージュ。

フロントエンドは、GLA改良型の変更を反映して、エアインテークやグリルが新設計されています。ヘッドライトは箱型のアウトラインは維持される見込みですが、内部LEDデイタイムランニングライトは刷新されるでしょう。

後部はテールライト周辺が隠されていますが、SUVマイバッハ仕様のLEDグラフィックを手に入れている可能性があります。また、合金ホイールとエクステリアシェード(ボディ色)の新しいオプションの設定も予定されているようです。

メルセデス・ベンツ GLB_011
メルセデス・ベンツ GLB 改良型 スクープ

キャビン内は、現行の水平デュアルスクリーンレイアウトは引き継がれますが、グラフィックがアップデートされ、接続機能がさらに追加されます。

センターコンソールは新しい外観になり、現行モデルのタッチパッドが廃止され、新設計のステアリングホイールと新鮮な室内装飾品のオプションが期待できるでしょう。3列レイアウトも、GLAとの差別化の強みとして継承が濃厚です。

パワートレインは、2.0リットル直列4気筒ガソリン/ディーゼルエンジンなどがキャリーオーバー。欧州ではマイルドハイブリッドやプラグインハイブリッドも設定されます。

GLB改良型のワールドプレミアは、早ければ2022年内に行われるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?