三菱RVR次期型、ルノー「キャプチャー」ベースで12年ぶりフルモデルチェンジへ

■1.6リットル直列4気筒+電気モーターなど電動化を加速

三菱自動車は6月7日に新型「ASX」のティザーイメージを公開、2022年に9月にワールドプレミアすることを発表しましたが、同モデルの日本版・「RVR」次期型の情報を入手、その予想CGを制作しました。

三菱 ASX_005
三菱 ASX ティザーイメージ

初代RVRは1991年にデビュー、3代目となる現行型は2010年に登場しており、これが実に12年ぶりの世代交代となります。

三菱 RVR_002
三菱 RVR 次期型 予想CG

同社では、すでにASX(RVR)次期型は「ルノーの量産車種をベースとする」とアナウンスしており、ルノーの主力SUVの「キャプチャー」がベースとなる可能性が高いでしょう。

次期型では、新開発のプラットフォームを採用、キャプチャーベースなら、よりコンパクトなボディが予想され、静粛性や乗り心地が向上するとみられます。

エクステリアデザインは、ルノーキャプチャーのデザインと基本を共有。流面的シルエットで軽快感を強調し、サイドには三菱独特のキャラクターラインを配置、アンダーにも同様のラインを採用すると思われます。

フロントは三菱独自の流れをくむダイナミックシールドデザインが予想されます。もちろんタイヤハウスの張り出しで迫力アップ、上部には羽型に広がった三分割LED、ヘッドライトは大型化され、アンダーにはSUVらしいハードなアンダースカートも装備されると思われます。

キャビン内ではヘッドアップディスプレイを装備、三菱自慢の運転支援システム「MI-PILOT」を搭載、フロントカメラとミリ波レーダーが前方のクルマや白線を認識し、アクセルペダルから足を離しても車間距離の保持をアシストしてくれます。

ASX次期型のパワートレインは、1.0リットル直列3気筒、1.3リットル直列4気筒、および1.6リットル直列4気筒+ハイブリッド、同エンジン搭載のプラグインハイブリッドなど電動化が充実、日本版RVRもエンジンを共有することになりそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?