アキュラ次世代コンセプト「プレシジョンEV」発表へ【動画】

■8月18日ワールドプレミア。メッシュパターンの青い照明付きグリル装備

ホンダが展開する高級ブランド「アキュラ」は8月18日(木)に「Acura Precision EV Concept」(アキュラ プレシジョン EVコンセプト)をワールドプレミアすることを発表すると共に、そのティザームービーをリリースしました。

アキュラ ティザーイメージ_001
アキュラ プレシジョン EVコンセプト

プレスリリースによると、プレシジョンEVコンセプトは、電動化へ大きな一歩を踏み出すブランドの新しいデザイン言語を明らかにするといいます。

アキュラ ティザーイメージ_004
アキュラ プレシジョン EVコンセプト

リリースされた12秒のティザームービーでは、非常にスリムなLEDヘッドライト、メッシュパターンの青い照明付きグリルが暗闇から徐々に浮かびあがり、グリル中央のアキュラバッジも点灯します。

ヘッドライト外側は三角形の形状をしており、そこから中央に向かって伸びるスリムなストリップが出現します。

フロントエンド下部では、アーチ型の開口部を配置、このセクションには小さなLEDが装備されているようです。側面は明確になっていませんがベルトラインとフェンダー周りが盛り上がっているように見えます。

注目は何らかの形で「プロローグEV」に関連しているかどうかです。プロローグEVは、ゼネラルモーターズ アルティウム プラットフォームに乗っており、2024年に発売される予定です。プロローグのスケッチを公開した時、アキュラ バージョンが来ることが確認されていますが、追加の詳細は明らかにされていません。

2021年12月22日、ホンダは米国でADXの商標を出願しており、これがアキュラEVの可能性があるという憶測を呼んでいます。

アキュラ「プレシジョンEVコンセプト」のワールドプレミアは、8月18日米国カリフォルニア州で開催される「モントレー・カー・ウィーク」に予定されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?