三菱自動車とMIRAI-LABが使用済みバッテリーを使った自律型街路灯の開発を検討

■災害などの停電時でも街灯として機能

2022年8月10日(水)、三菱自動車とMIRAI-LABOは、EVなど電動車の使用済みバッテリーを使った、自律型街路灯の開発検討を開始したと発表しました。

使用済みバッテリーのリサイクルは、喫緊の課題になっていて、クルマの電動化、蓄電池のサスティナビリティの面からも重要な課題になっています。EVが増えれば増えるほど、使用済みバッテリーの対策が不可欠になります。

三菱自動車 MIRAI-LABO
三菱自動車とMIRAI-LABOが、使用済みバッテリーを使った自律型街路灯の開発を検討

今回、開発が検討されている自律型街路灯は、電動車の使用済みバッテリーとリサイクルスチールを使い、系統からの電力や地中配線など、外部からの給電を必要としない自律型のソーラー街路灯です。自律型ですので、災害時や停電発生時にも消灯することなく街路灯として機能します。

また、使用済みバッテリーを採用することで、バッテリー製造時に排出されるCO2を削減できるため、カーボンニュートラルへのより高い貢献が期待されています。今年度中に開発を行い、23年度以降に自治体や企業との実証を通じて提供していく予定としています。

三菱自動車 アイミーヴ
世界初の量産EVであるi-MiEV

現在、多くの自治体や企業が取り組む2050年のカーボンニュートラル実現に向けた活動において、電動車の活用は不可欠です。しかし、先述したように、電動車の普及拡大に伴い、使用済みリチウムイオンバッテリーが増え続けることが想定されています。

また、使用済みバッテリーの中には、ほかの用途であれば十分に活用できる充電容量を残しているものがあり、省資源などの観点から、使用済みバッテリーをリユース・リパーパスする具体策の創出が課題になっています。

こうした課題解決に向けて、i-MiEVという世界初の量産EVを送り出した三菱自動車が、リチウムイオンバッテリー車載技術と、MIRAI-LABOの強みであるバッテリー制御システムなどのノウハウを生かし、使用済みバッテリーを活用した自律型街路灯の開発検討をスタート。

三菱自動車 アウトランダー
アウトランダーPHEVの使用済みバッテリーを活用した蓄電システムを設置するなど実証を行っている

三菱自動車は、駆動用リチウムイオンバッテリーのリユース・リパーパスの可能性を確認するため、以前より岡崎製作所に設置された大規模太陽光発電設備と合わせて、アウトランダーPHEVの使用済みバッテリーを活用した蓄電システムを設置するなど実証を推進してきたそうです。

一方のMIRAI-LABOは、同社が保有する電位差のあるバッテリーを無瞬断で切り替えることができるMBMS(Multiple Battery Management System:複合バッテリー制御システム技術)を駆使し、様々な製品展開と環境に配慮したサステナブルな自律型MaaS社会の構築を促進してきたそう。

両社は、リチウムイオンバッテリーのリユース・リパーパスを含めたサーキュラーエコノミー(従来のリデュース、リユース、リサイクルの取組に加えて、資源投入量、消費量を抑えつつ、ストックを有効活用しながら、サービス化等を通じて付加価値を生み出す経済活動のこと)の実現に挑戦していくとともに、カーボンニュートラル実現に不可欠な電動車拡大と再生可能エネルギー拡大に貢献していくと表明しています。

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。